人気ブログランキング |
Top

Stia tranquillo,tutto andra bene.安心して。全てがうまくいくよ。やはりBlogはアーカイブとして残るから(・∀・)イイネ!!
by Oo..oO
最新のコメント
☆らゆ。あけましておめで..
by zucchini0315 at 14:08
最近虫歯が減って(特に子..
by らゆ at 08:26
☆yukiちゃん。ありが..
by zucchini0315 at 12:56
とてもよいものを読ませて..
by yuki8055 at 08:44
☆moha先生。日本にも..
by zucchini0315 at 20:01
モスクは今だ入ったことが..
by mohariza12 at 19:01
ぎゃサカナクションもいた..
by zucchini0315 at 10:51
> mohariza12..
by zucchini0315 at 20:45
(NHKの去年の大河ドラ..
by mohariza12 at 19:37
エキストラ!カイロでイタ..
by zucchini0315 at 09:36
友達がエキストラで出た時..
by らゆ at 02:18
せやろー;^_^Aこの足..
by zucchini0315 at 16:18
らゆお久!暑いな!神戸ロ..
by zucchini0315 at 16:17
何か・・・しみじみする1..
by らゆ at 16:16
これ見たいねん。宮沢りえ..
by らゆ at 16:11
タグ
(233)
(184)
(128)
(101)
(53)
(49)
(35)
(33)
(26)
(21)
(18)
(17)
(15)
(13)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(4)
カテゴリ
全体
★profile★
★コドモの成長★
├ 0歳2005-06
├ 1歳保育園2006-07
├ 2歳保育園2007-08
├ 3歳年少_2008-09
├ 4歳年中_2009-10
├ 5歳年長_2010-11
├ 6歳小1_2011-12
├ スポチャン2009-2011
├ 7歳小2_2012-13
├ 8歳小3_2013-14
├ 9歳小4_2014-15
├10歳小5_2015-16
★characterキャラクター
★surprise/wonder
├ DQN愚名シリーズ
├ 激似シリーズ
★地元
├ 大地の芸術祭/水と土の
★あの旅、とか
├ TOKYO_10years
├ OSAKA_8years
├ 沖縄病
├ 沖縄2010冬
├ 香港2010夏
├ 鎌倉2010秋
├ BALI2012夏
├ 鳥取砂丘2013夏
├ 関西USJ冬2014
├ 粟島笹川流れ2014夏
├ LONDON2014-2015
├ 北海道2015夏
★DESIGN&ART★
├ apple mac iPhone
├ languagesコトバ
├ コイン紙幣切手
├ バイクとクルマ
★当選と頂き物★
★cinema関連★
├ cinema【あ】
├ cinema【か】
├ cinema【さ】
├ cinema【た】
├ cinema【な】
├ cinema【は】
├ cinema【ま】
├ cinema【や】
├ cinema【ら】
├ cinema【わ】
★music関連★
├ music【あ】
├ music【か】
├ music【さ】
├ music【た】
├ music【な】
├ music【は】
├ music【ま】
├ music【や】
├ music【ら】
├ music【わ】
★books★
├ books【for kids】
├ books【予定】
★FAVORITESヒト
├ 野口英世
├ しりあがり寿
★FAVORITESモノ
├ fragrance
├ shoes&bags
★eco & the earth
├ この人らを見て頑張れる
├ 健康なカラダ
├ 大腸ポリテクトミー2007
├ 腎盂腎炎2012
├ 虐待・毒親・家族
├ たべるのむ
Negiccoとかアイドルとか
未分類
blog_parts
最新のトラックバック
以前の記事
2020年 12月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"peppermint-swirl" Skin by
Animal Skin
タグ:アジア ( 128 ) タグの人気記事
Top▲ |
拒絶されたプレゼント(笑)これで完全断乳♪
f0102471_20562427.jpg
ミャンマー・ヤンゴンの動物園で、女性の乳を飲んで生きていたベンガルトラの赤ちゃん2匹のうち1匹が、先月27日脱水症状で死んだのに続き、今月3日には残っていた1匹も同じ症状で死んだ。同赤ちゃんトラ2匹は、母親のトラが子どもを噛み殺したのに続き、子どもに乳を飲ませようとしなかったりするなど狂暴になったため、人間の乳を飲ませて6週間生き延びていた。(東亜日報2005.5記事より)

「母乳」と検索をしたら行き当たった記事。ちなみにイメージ検索するとほとんどすごいエロ画像ばかりで、目が★★になってしまいました。インターネットは怖いよ。

前置きが長すぎましたが、M-1グランプリのチュートリアルの決勝戦見たさの後ろ髪を引かれながら、お風呂に入りました。

最近ほとんど「おっぱい」と言わなくなったので、やっていませんでしたが、入院する前はたま〜にやっていました。もう出ていないだろう、おっぱいを吸うのが安心なんだろうと思っていました。吸いながらウトウトすると噛まれ、痛い思いをしていて、早くやめてくれないかと思っていました。

湯船で乳首に噛まれた傷が治り、皮がめくれていたので剥がして触ったらなんと

出た〜〜母乳は枯れていませんでした。しかし

その玉のように出た母乳を目の当たりにした周のオドロキ。もともとまん丸の黒目がさらに!そしてに私を見る目が怯えたような目つきです。

「ほれ!おっぱい!出てたんだね〜どーぞ」と勧めると「いや〜」とぶるんぶるんと首を振る。内心ショックだった私ですが、これで完全断乳の確信を掴みました。

神様からの私へのクリスマスプレゼントでしょうか。
Top▲ | by zucchini0315 | 2006-12-24 21:40 | ★surprise/wonder | Trackback | Comments(2)
海外モノ誤植( 誤字脱字業界用語)
f0102471_1430940.jpg
ぷらし

カワイイ~♪

上海逸和龍柏飯店hotel yihe longbaiの歯ブラシが入っていた箱より。
Top▲ | by zucchini0315 | 2006-11-11 14:30 | ├ languagesコトバ | Trackback | Comments(2)
【チルソクの夏】韓流映画だと思ってました…そしてロンドン時代を振り返る
f0102471_2219320.jpg

「チルソクの夏」という映画をたまたまBSで観た。韓流映画でなかった。よい映画だった。

1977年7月7日。姉妹都市である下関と釜山の間で行なわれた親善陸上競技大会をきっかけに友情を深めた日韓高校生の淡い恋。様々な障害を乗り越え、1年後の再会を夢見るふたりとそれを見守る3人の少女たちが織りなす17歳のはちきれる躍動感(かなりこそばゆく、現実絶対ありえな〜い演出。鳥肌モノ…)。携帯もメールもなかった時代。日本の歌を歌ってはいけなかった時代。韓国語で七夕を意味する「チルソク」は、そんな時代に生きた人物一人一人が抱いた想いの強さを象徴しています。

------------------------------------
映画「チルソクの夏」下関公式応援サイトより抜粋


「冬のソナタ」も観るつもりなくBSの再々放送あたりを、たまたま観ていただけ。ヨン様はタイプではない。チェ=ジウがとても好きだけど。

韓流の先駆け「シュリ」は、ミレニアム年末年始に出かけたソウルでたまたま現地のテレビで。(もちろん字幕もある訳なく、でもなんとなくストーリーは判りながら観ていた)

特に韓流には、はまらなかったけど、たまたま観た「チルソクの夏」。なんだか凄く良かった。時代背景が自分らの子供の時に被さるからか。

--------------------------------------
ロンドンの語学学校で様々な国の若者(当時私は28歳で、みんなはもっと若かった。たまに同じくらい、少々上の人もいた)と知り合い、各国のステレオタイプがよくわかった。

フランス人のフランソワはおしゃれ、スペイン人名前何だったかな強情っぱり、ドイツ人マーカス冷静沈着、スイス人フランソワーズどんどん悪くなっていくスイス人多し(良い意味で田舎から出てきて都会にヤラレタ感の人多し)、ブラジル人テレーザは時間にルーズだけど恋には情熱ブラジリアン、ロシア人名前何だったかなどこで売ってるのその服、みたいなやっぱり都会に毒され学校に来なくなり男と暮らす…、ハンガリー人ジョルトは控えめ、トルコ人ハッサンはスターウォーズのジャバにそっくりな巨体でパレイディアムという巨大ディスコでぶっちゅ〜された嫌な思い出、イタリア人名前何だったかなお喋り、そして韓国人ジュンフン。

ジュンフンに恋をされ(私のモテピークだったのせうか…)、SOHOのど真ん中で抱きつかれたことがあった。韓国人は「熱い」。…のだが、この映画の釜山のアン君は設定が高校生だからか、日本人的にあっさりしていて、もう少しキャラクターに、見た目は日本人に似ているけど中身の「熱さ」は全然違うよ!的要素を盛り込んで欲しかった。

なにしろ主人公とアン君は、陸上大会の7月7日の夜、主人公の友達3人が仕組んで二人を引き合わせ、朝まで(彼女らの監視付きで)下関の街をほっつき歩き、翌日、先生にお叱りを受けるのだが、あまりにもキレイ事すぎる映画に、こりゃ〜「尾道三部作」的道を歩む映画なのだろうか…ああ、世の中に毒されてキレイな心(スーリヤも知りたいキレイな心)を失った自分に悲しくなった(笑)。

主人公の父親役に、下関出身のジョージ山本が流しのギター弾き役。けっこう意外でよかった。
Top▲ | by zucchini0315 | 2006-10-27 22:27 | ├ cinema【た】 | Trackback | Comments(2)
【インドネシア】ボロブドゥール寺院遺跡群
f0102471_19202245.jpg周の髪型はコレに似ている。


f0102471_19193135.jpgインドネシアにあるユネスコ世界遺産の一つで、シャイレンドーラ王朝による大乗仏教寺院。8世紀頃完成したと言われている。寺院自体が大きな曼陀羅を形成。

外国人料金で入るのが癪だったので、現地人の振りをしたが、バレバレ。
先日ネプチューンの名倉がテレビで同じ事をしていて笑った。結果はしらんが。
Top▲ | by zucchini0315 | 2006-10-22 19:24 | ★あの旅、とか | Trackback | Comments(2)
【トルコ】バス横転
f0102471_0415566.jpg

事故に遭われた方々に黙祷。

写真はイスタンブールのアジア側とヨーロッパ側を分かつほとりの魚介市場。めだつのは気味の悪いイボガレイ。写真では中央右より奥。ラマダンに入る直前のトルコ。

HISの日本人観光客のバスだったから報道されるが、旅をしていて常々「ああココで事故にあったらどうなるのだろう」と思うことがしばしばあった。

モロッコのアトラス山脈を越えるバスの旅。
ネパールのカトマンドゥからポカラ、カトマンドゥからインド国境…。
シリアからトルコのカッパドキアに向かったバスは、見当も付かない場所で真冬の深夜、しゅうぱぱとしゅうままを降ろし途方に暮れた。
Top▲ | by zucchini0315 | 2006-10-19 00:50 | ★あの旅、とか | Trackback | Comments(3)
【マレーシア】マラッカの夕日
f0102471_1195237.jpg沢木耕太郎が「深夜特急」で書いた為、マラッカに沈む夕日見に、ここへやって来た若者が数百人はいるのではないか。 と「マラッカ 夕日」でぐぐってみたら誰かのブログに…。その一人でゴザイマス。

ちなみに新潟県、良寛さんのふるさと出雲崎からの夕日が世界一大きく見えるのだとか。
Top▲ | by zucchini0315 | 2006-09-02 01:25 | ★あの旅、とか | Trackback | Comments(0)
大阪発→沖縄→台北→上海→新潟
f0102471_344411.jpg
アジアレベルの偶然の縁に興奮のあまり眠れない!上手いことレポートできるやろか?

2003年台北で友達になった沖縄娘T間孃が、過労で倒れた上海在住のらゆらのピンチヒッターとして採用されたらしい!彼女らはお互い知らない同士。

T間孃がいる出張先にやむなく辛い体で出向かなければならない事になったらゆらは突然意外な人物の名をT間孃の口から聞く事になる…。その名は…。

2003夏。

しゅうままとしゅうぱぱは3ヵ月の旅に出た。

沖縄から船で台湾に渡った。船内のパスポートコントロールは簡単なスタンプラリーみたいだったのが衝撃的。

台北の「おおしろ」という沖縄のおっさんが経営するゲストハウスに投宿。ひとつの部屋に二段ベッドが何台もある格安宿。
いつも満員御礼のこの宿だが、まだ大学生のバックパッカーが動き始める前だったかで割と空いており同室は私たちとウチナンチュのT間孃。私たちが沖縄→石垣経由で台北に来たいきさつから親しくなった。

ちょうど宿の何周年記念とやらで八客(ハッカ:中国本土の少数民族と言って良い?)料理を同宿してたみんなにご馳走してもらったりと親睦を深め、かつ皮膚呼吸すらできない台湾独特の異様な暑さを楽しんだ約一週間だった。

私たちはそれからバンコクに飛びローマへ。ミラノでは初代(?)Jリーガー都並さんと一言交わしたり、当時バルセロナに住んでいた友ガブ(尼崎出身のべたべた関西人♂)の部屋に2週間近く入り浸りと、老人が何人も亡くなった猛暑のバケーション期の南欧を回ったのだった。

そういえばその旅ではやはり沖縄本島から石垣に渡る船着き場でム●美時代の先輩tammyに偶然会い楽しい船中と石垣の夜を過ごしたのだった!あれも凄い偶然。tammyは原チャリに物凄い荷物を載せ気に入った場所にテントを張って暫く過ごす♀。日本国内神出鬼没。

さて本題。

らゆらから深夜1時過ぎに携帯メール。そこには「私の引き継ぎはT間孃フルネーム」一瞬意味が解らず返信。
すると、こんな内容。
NHKでTTMという姓が出てきてT間孃がしゅうままとしゅうぱぱの事思い出したのがまずひとつ。割と珍しい名字。
更にらゆらのパソコンのお気に入りに「すーり屋」を発見し以前私がT間孃にネパール雑貨屋紹介したのを思い出してくれたたらしい。
らゆらが大阪の人だし、デザインやってたしバッグパッカーだし…。

と思考が行き着いたらしく唐突に「TTMさんって知り合いいますか?」と聞かれたとこから発覚したらしい。

あいにくT間孃とは周の出産のあたりから疎遠になっていた。もともと中国語喋れたがブラッシュアップのためにまた中国に留学したまでは知っていたが…縁が切れたかと思っていたが繋がっていた。なんたる偶然!

こんなに興奮する事じゃないか?私。
Top▲ | by zucchini0315 | 2006-08-25 03:44 | ★あの旅、とか | Trackback | Comments(2)
さといもとダイソー会話シリーズ
f0102471_22144139.jpg水に濡れると長いから、どうも髪の毛はだいぶ伸びてきたらしいが、あまりのクルックル加減にそれが解らない。

右のブログのタイトルの写真はまだホヤホヤ生えているだけ。

いまは本当にものすごい天然パーマ。巻き髪スタイルを頑張っている名古屋嬢たちにわけてあげたいカール度。大仏様の実写版ってきっとこんな感じだろうと想像する。

しかも横に層になって束になっていて、まるで洗う前の「さといも」。親友のとんちゃんがそうだったらしいと彼女のお母さん談。(だから心配することないと。彼女はいまはサラサラ直毛)

ピンチ。

昨日から微熱が続いている。昨日昼に保育園から38.5の熱だと電話。
どうにも穴を空けられない仕事だったためヒヤヒヤしたが、昼寝後に下がったとのこと。本人は元気で食欲もあるから先生方も対処に困っておられる。今日も37度以上あったらしいが元気元気。夕飯いっぱい食べた後、シュウの胃袋ほどある大きさのバナナも一本ぺろり。たっぷり出るかと思いきや出ないぞ…。明日の朝が楽しみだ。

今日またBSで映画。私のベスト1の「男と女」。
♪シャバダバダ…♪で有名すぎているこの映画は20代前半から私の1番(バック・トゥ・ザ・フューチャーとイイ勝負だ)なのだが、子供を持ってまた見方が変わり、ますます良かった。(自分の未来を予想しているのか…憧れていたのか…)
アヌーク・エーメはすごく好き。映画の設定ではきっと私より若いのだろうがオトナの女だ。ジャン=ルイ=トラティニアンの車の中でのモノローグがよい。私が産まれる前の映画だとは。約40年前か。愛の国だよフランスは。

昨日からダイソー語学CD聞きながらの通勤。
何故か数多く旅をした「タイ語」は非常に親しみやすく、あの柔らかい響きが心地よい。

次に流れるは、インドネシア語でなく「ベトナム語」だったのだが、残念ながら足を踏み入れておらず「ありがとう」の「カムーン」位しか予備知識のなかったこの国の言葉は、何とも独特で、しかもテキストにあるカタカナでは発音の出来ない音が多く難しそうだ。ネパールでバスの座席が隣だった男の子が、初めてあったベトナミーズで「かむーん」と発音してもらった。「アオザイ着てみたい」といったら「??アオヤーイ?」と発音を直された覚えがある。

もしベトナムに行くチャンスがあったなら、モロッコ仕込みのフランス語の方が使えそうだと思うのであるが、いかがなものか?「アンカフェ、シルブプレ」と言って甘あまのベトナムコーヒーを飲みたいではないか。

まだビルマに一年いたスーリヤカナイから教えてもらった「ちゅーずてぃんばーでぃ」(よくおぼえているやろ!愛してるだったっけ?)の方が肌に馴染んだような気がした。ネパ語の「カティパイサ?」も覚えてるで。

次にギリシャ語。ギリシャ人もあまり愛想がなかったから使わなかったな。ツーリスト多き観光国は英語でなんとかなるからな。でも私が行った97年クリスマス。どこも店が開いておらず夕飯はマクドナルド。公衆電話で喋るおばちゃんが「ネー、ネー(はい)」と繰り返し、何とも言えない感じ。「おひ(=No)」とか面白い平仮名の組み合わせが多い。パルテノンもクリスマスで閉まっていて見ていません。

余談。アテネでイスタンブールまでの電車の切符を買った97年大晦日。
彼らの地図にはイスタンブールはなく「コンスタンチノーブルね」と嫌みったらしく言い直された。私の世界史の記憶におぼろげながら…。隣国の対立を肌で感じた一件でした。年越しはイスタンブールのホテルアヤソフィアで、水で割ると白く濁る「ラク」を飲んだ。久々に日本人に囲まれ。いわゆる日本人宿に初投宿。(ブダペストのテレザハウスも行き損ねていて)

そしてイスラムの国々はその年のラマダン(断食)期に突入した。

最後に待ってました!アラビア語。もう、朝から「サラマリコム」と言われると自然と「アレイコムサラーム」と返してしまうのは何故?いつも思うのだがアラビア語で一番教えなければイケナイのは「インシャラー(アラーの思し召し)」の一言。なにしろとにかくうるさいアラブ系には何事にも「インシャアッラー」が役に立つ。あと「ごちそうさま!」のコトバがあるのもアラビア語。「アラハムドゥリッラー」。

アザーンが聞きたくなってきました。

「明日、また会ってくれる?」だの「買い物に来てよ」と言われても魔法の一言「インシャアッラー」だ。思いがけずインドネシアのバリで大変役に立った。(あの島だけイスラム教)

しかし地震でインドネシアは大変である。
Top▲ | by zucchini0315 | 2006-05-31 22:59 | ├ languagesコトバ | Trackback | Comments(2)
| ページトップ |