人気ブログランキング |
Top

Stia tranquillo,tutto andra bene.安心して。全てがうまくいくよ。やはりBlogはアーカイブとして残るから(・∀・)イイネ!!
by Oo..oO
最新のコメント
☆らゆ。あけましておめで..
by zucchini0315 at 14:08
最近虫歯が減って(特に子..
by らゆ at 08:26
☆yukiちゃん。ありが..
by zucchini0315 at 12:56
とてもよいものを読ませて..
by yuki8055 at 08:44
☆moha先生。日本にも..
by zucchini0315 at 20:01
モスクは今だ入ったことが..
by mohariza12 at 19:01
ぎゃサカナクションもいた..
by zucchini0315 at 10:51
> mohariza12..
by zucchini0315 at 20:45
(NHKの去年の大河ドラ..
by mohariza12 at 19:37
エキストラ!カイロでイタ..
by zucchini0315 at 09:36
友達がエキストラで出た時..
by らゆ at 02:18
せやろー;^_^Aこの足..
by zucchini0315 at 16:18
らゆお久!暑いな!神戸ロ..
by zucchini0315 at 16:17
何か・・・しみじみする1..
by らゆ at 16:16
これ見たいねん。宮沢りえ..
by らゆ at 16:11
タグ
(233)
(184)
(128)
(101)
(53)
(49)
(35)
(33)
(26)
(21)
(18)
(17)
(15)
(13)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(4)
カテゴリ
全体
★profile★
★コドモの成長★
├ 0歳2005-06
├ 1歳保育園2006-07
├ 2歳保育園2007-08
├ 3歳年少_2008-09
├ 4歳年中_2009-10
├ 5歳年長_2010-11
├ 6歳小1_2011-12
├ スポチャン2009-2011
├ 7歳小2_2012-13
├ 8歳小3_2013-14
├ 9歳小4_2014-15
├10歳小5_2015-16
★characterキャラクター
★surprise/wonder
├ DQN愚名シリーズ
├ 激似シリーズ
★地元
├ 大地の芸術祭/水と土の
★あの旅、とか
├ TOKYO_10years
├ OSAKA_8years
├ 沖縄病
├ 沖縄2010冬
├ 香港2010夏
├ 鎌倉2010秋
├ BALI2012夏
├ 鳥取砂丘2013夏
├ 関西USJ冬2014
├ 粟島笹川流れ2014夏
├ LONDON2014-2015
├ 北海道2015夏
★DESIGN&ART★
├ apple mac iPhone
├ languagesコトバ
├ コイン紙幣切手
├ バイクとクルマ
★当選と頂き物★
★cinema関連★
├ cinema【あ】
├ cinema【か】
├ cinema【さ】
├ cinema【た】
├ cinema【な】
├ cinema【は】
├ cinema【ま】
├ cinema【や】
├ cinema【ら】
├ cinema【わ】
★music関連★
├ music【あ】
├ music【か】
├ music【さ】
├ music【た】
├ music【な】
├ music【は】
├ music【ま】
├ music【や】
├ music【ら】
├ music【わ】
★books★
├ books【for kids】
├ books【予定】
★FAVORITESヒト
├ 野口英世
├ しりあがり寿
★FAVORITESモノ
├ fragrance
├ shoes&bags
★eco & the earth
├ この人らを見て頑張れる
├ 健康なカラダ
├ 大腸ポリテクトミー2007
├ 腎盂腎炎2012
├ 虐待・毒親・家族
├ たべるのむ
Negiccoとかアイドルとか
未分類
blog_parts
最新のトラックバック
以前の記事
2020年 12月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"peppermint-swirl" Skin by
Animal Skin
【母と娘ANAK】フィリピンの事情in香港〜母を憎むことについての考察
2007.5.23記述

f0102471_123866.jpg
1995年か?

北京・タイを回った旅の帰り、機内で隣の席にフィリピンの女性。

気さくに話しかけてきて、短時間の間、ほぼ無知だったフィリピンのことを知る。

母国語はタガログ語だけど、みんな英語も喋れるなど

思い起こせば、タイ発フィリピン経由成田だったエア。

彼女は香港人の家に住み込みで働くフィリピーナは有名だが、タイでもそのような労働があったのだろうか。

香港島の船着き場の広場に、週1回だけお休みをもらえる日曜日フィリピーナの女性で芋の子を洗うような状態。

ゆうべのBS映画。まさに私のために上映されたような映画でした。号泣。

母と娘(フィリピン・2000)



3人の子供を置いて、家計のために働くしかなかった母。フィリピンにおける手段は、海外で「家政婦」として働くか、体を売るか…。

「フィリピーナ」という単に「フィリピン女性」(フィリピーノ=男)という単語が、我が国では少々差別的要素を含んでいることは否めない事実。

冒頭に書いたように、この映画の主人公の母は香港に出稼ぎに行く。夫は頼りにならない(しかし愛しているのだ素晴らしい)から自分が行くしかなかった。

長女のカーラは寂しくて寂しくて逆に母を憎む。何年振りに帰国した母に、辛く当たる。出ていきやがってと。堕落的な生活。

次男は優秀で奨学生。しかし払わなければならない授業料が支払われず、取り消され、クラスメイトの前で教師からバカにされる。

末の次女はまだ5歳。一歳の時に母は香港へ行ってしまう。

だから4年振りの帰国。夫は香港滞在中に事故で死亡。

葬式に帰れなかった妻であり母。なぜならば身勝手な香港人若夫婦のバケーション。パスポートを取り上げられ、鍵を閉められ、最低限の食事だけ残し、電話線も抜いて4週間不在。香港の高層マンションから抜け出すことは勿論不可能。

その間、そのマンションのドアの外に、フェデックス。

4週間後に手にした封筒の中身は夫の死…。それでも帰国させない香港人夫婦。鬼畜だ。(フィリピン人の目にはそのような香港人が典型的なのだろうか、それとも極端な例として?)


母の海外での苦労も知らず、いかに自分が淋しかったかだけで辛く当たる長女は、まさに私だ。
Top▲ | by zucchini0315 | 2007-05-23 13:01 | ├ cinema【は】 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://zuc0315.exblog.jp/tb/5444423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 後頭部強打 | ページトップ | 店員一同「ぽんぽこ〜」… >>