Top

Stia tranquillo,tutto andra bene.安心して。全てがうまくいくよ。やはりBlogはアーカイブとして残るから(・∀・)イイネ!!
by Oo..oO
最新のコメント
☆らゆ。あけましておめで..
by zucchini0315 at 14:08
最近虫歯が減って(特に子..
by らゆ at 08:26
☆yukiちゃん。ありが..
by zucchini0315 at 12:56
とてもよいものを読ませて..
by yuki8055 at 08:44
☆moha先生。日本にも..
by zucchini0315 at 20:01
モスクは今だ入ったことが..
by mohariza12 at 19:01
ぎゃサカナクションもいた..
by zucchini0315 at 10:51
> mohariza12..
by zucchini0315 at 20:45
(NHKの去年の大河ドラ..
by mohariza12 at 19:37
エキストラ!カイロでイタ..
by zucchini0315 at 09:36
友達がエキストラで出た時..
by らゆ at 02:18
せやろー;^_^Aこの足..
by zucchini0315 at 16:18
らゆお久!暑いな!神戸ロ..
by zucchini0315 at 16:17
何か・・・しみじみする1..
by らゆ at 16:16
これ見たいねん。宮沢りえ..
by らゆ at 16:11
タグ
(233)
(186)
(128)
(101)
(53)
(49)
(39)
(33)
(26)
(21)
(18)
(17)
(15)
(15)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(4)
カテゴリ
全体
★profile★
★コドモの成長★
├ 0歳2005-06
├ 1歳保育園2006-07
├ 2歳保育園2007-08
├ 3歳年少_2008-09
├ 4歳年中_2009-10
├ 5歳年長_2010-11
├ 6歳小1_2011-12
├ スポチャン2009-2011
├ 7歳小2_2012-13
├ 8歳小3_2013-14
├ 9歳小4_2014-15
├10歳小5_2015-16
★characterキャラクター
★surprise/wonder
├ DQN愚名シリーズ
├ 激似シリーズ
★地元
├ 大地の芸術祭/水と土の
★あの旅、とか
├ TOKYO_10years
├ OSAKA_8years
├ 沖縄病
├ 沖縄2010冬
├ 香港2010夏
├ 鎌倉2010秋
├ BALI2012夏
├ 鳥取砂丘2013夏
├ 関西USJ冬2014
├ 粟島笹川流れ2014夏
├ LONDON2014-2015
├ 北海道2015夏
★DESIGN&ART★
├ apple mac iPhone
├ languagesコトバ
├ コイン紙幣切手
├ バイクとクルマ
★当選と頂き物★
★cinema関連★
├ cinema【あ】
├ cinema【か】
├ cinema【さ】
├ cinema【た】
├ cinema【な】
├ cinema【は】
├ cinema【ま】
├ cinema【や】
├ cinema【ら】
├ cinema【わ】
★music関連★
├ music【あ】
├ music【か】
├ music【さ】
├ music【た】
├ music【な】
├ music【は】
├ music【ま】
├ music【や】
├ music【ら】
├ music【わ】
★books★
├ books【for kids】
├ books【予定】
★FAVORITESヒト
├ 野口英世
├ しりあがり寿
★FAVORITESモノ
├ fragrance
├ shoes&bags
★eco & the earth
├ この人らを見て頑張れる
├ 健康なカラダ
├ 大腸ポリテクトミー2007
├ 腎盂腎炎2012
├ 虐待・毒親・家族
├ たべるのむ
Negiccoとかアイドルとか
未分類
ライフログ
blog_parts
最新のトラックバック
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"peppermint-swirl" Skin by
Animal Skin
テレビなど動画業界用語。絵コンテ描くとき必要。
テレビが変われば作る側も変わる(画面の比率が
f0102471_13545027.jpg



パン (撮影技法)


パンで撮影した高速で走行するレーシングカー
パン (Pan) は、映像の撮影技法の一つで、固定したカメラの向きを「振る」こと。本来、左右に振ることだけを「パン」と呼び、上下に振る事は「ティルト」と呼ぶが、左右でも上下でも「パン」と呼ぶことがある。パンニングとも言う。語源は「パノラマ」。
用途 [編集]

パンを使う場合、動いているものを追うように撮影する場合が多いが、動かない対象を撮影する際にも使用される。静止した人物や風景を舐めるようにカメラが首を振る場合などがそうである。
CGやアニメなどの、撮影を伴わない映像においても、パンという表現は使用される。 同じシーンに対して同様のパンを3回連続で行う演出方法は、アニメ作品『あしたのジョー』において多用され、現代アニメにおいて典型的な演出手法となっている。この手法は俗に「三段パン」と呼ばれる。
写真(スチル)の場合でも、移動する被写体を追いながら撮影(流し撮り)すればカメラの向きを振ることになり、その操作もパンと呼ぶ。
関連用語 [編集]

動いている被写体を撮影する際、その被写体を追ってパンする事を「フォロー・パン」と呼ぶ。これに対して、動く被写体と一緒にカメラそのものが移動する撮影手法は「ドリー撮影」と呼び、ドリー撮影のためにカメラを載せる台車を「ドリー」(dolly)と呼ぶ。ドリーには、カメラを三脚ごと載せるYの字形のものや、テレビ局のスタジオで局用カメラを載せるペデスタルドリー(pedestal dolly)などがある。ペデスタルドリーはスタンドに車輪を付けた構造で、三脚は不要。
また、カメラを固定して動かさない撮影技法を「フィックス」と呼ぶが、仮に三脚に載せても、カメラが首を振ればパンである。

f0102471_13521014.jpg

これだけでまるで作品じゃないか(wikiより




[PR]
Top▲ | by ZUCCHINI0315 | 2011-01-19 13:52 | ★DESIGN&ART★ | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://zuc0315.exblog.jp/tb/15359763
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mohariza6 at 2011-01-20 05:35
平面画像は、ある枠で規定されていると云うことですね。
そして、その限界は、どこまで行っても、3Dにしても、横に長広い平面だ、と云うこと。
人間の視覚とは違うこと。
360°(正確には、普段は、水平線<地面>があるので、270°位)上下左右の画面<廻りは、ぼけていいが・・・>で無いと、面白く無くなる。
そして、立体的にならないと。球面画面とも違う、(水墨画のように、)層のある画面が理想だけども、金が掛かり過ぎそう・・・。
Commented by zucchini0315 at 2011-01-20 14:07
★moha先生は空間ですものね。私の頭の中は二次元しか創造できないようです。インテリアや建築物の鑑賞は大好きだけれど、それを創造するのは苦手かもしれない。小学校の頃図形の勉強、証明の勉強がトラウマになってるかも。でも、今ならあえて「理論理屈」をきちんと証明しようとする努力にチャレンジしたい意欲があるので、子供の小学校の勉強を見るのがとても楽しみです。立命館の小学校で辞書に付箋を貼る取り組みご存知?いまそれを実現したく辞書を模索中。こればかりはAmazonでは無理だ。
Commented by mohariza6 at 2011-01-20 23:56
角度が間違っていたようですね・・・。

360°は180°(とすべき、でしょう・・・。人間の頭には、後ろに目が、無いもので・・・)。

270°は、135度位か・・・?

でも、人間の視覚で感じる世界の方が、ずっと、今の所、映像世界より、進んでいることは、事実(現実)です・・・。

<< NTTフリーダイヤルにレジスタ... | ページトップ | 仲良しのWさんに二人目のお孫さん >>