Top

Stia tranquillo,tutto andra bene.安心して。全てがうまくいくよ。やはりBlogはアーカイブとして残るから(・∀・)イイネ!!
by Oo..oO
最新のコメント
☆らゆ。あけましておめで..
by zucchini0315 at 14:08
最近虫歯が減って(特に子..
by らゆ at 08:26
☆yukiちゃん。ありが..
by zucchini0315 at 12:56
とてもよいものを読ませて..
by yuki8055 at 08:44
☆moha先生。日本にも..
by zucchini0315 at 20:01
モスクは今だ入ったことが..
by mohariza12 at 19:01
ぎゃサカナクションもいた..
by zucchini0315 at 10:51
> mohariza12..
by zucchini0315 at 20:45
(NHKの去年の大河ドラ..
by mohariza12 at 19:37
エキストラ!カイロでイタ..
by zucchini0315 at 09:36
友達がエキストラで出た時..
by らゆ at 02:18
せやろー;^_^Aこの足..
by zucchini0315 at 16:18
らゆお久!暑いな!神戸ロ..
by zucchini0315 at 16:17
何か・・・しみじみする1..
by らゆ at 16:16
これ見たいねん。宮沢りえ..
by らゆ at 16:11
タグ
(247)
(210)
(135)
(108)
(55)
(53)
(40)
(40)
(27)
(22)
(18)
(17)
(16)
(15)
(10)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
カテゴリ
全体
★profile★
★コドモの成長★
├ 0歳2005-06
├ 1歳保育園2006-07
├ 2歳保育園2007-08
├ 3歳年少_2008-09
├ 4歳年中_2009-10
├ 5歳年長_2010-11
├ 6歳小1_2011-12
├ スポチャン2009-2011
├ 7歳小2_2012-13
├ 8歳小3_2013-14
├ 9歳小4_2014-15
├10歳小5_2015-16
★characterキャラクター
★surprise/wonder
├ DQN愚名シリーズ
├ 激似シリーズ
★地元
├ 大地の芸術祭/水と土の
★あの旅、とか
├ TOKYO_10years
├ OSAKA_8years
├ 沖縄病
├ 沖縄2010冬
├ 香港2010夏
├ 鎌倉2010秋
├ BALI2012夏
├ 鳥取砂丘2013夏
├ 関西USJ冬2014
├ 粟島笹川流れ2014夏
├ LONDON2014-2015
├ 北海道2015夏
★DESIGN&ART★
├ apple mac iPhone
├ languagesコトバ
├ コイン紙幣切手
├ バイクとクルマ
★当選と頂き物★
★cinema関連★
├ cinema【あ】
├ cinema【か】
├ cinema【さ】
├ cinema【た】
├ cinema【な】
├ cinema【は】
├ cinema【ま】
├ cinema【や】
├ cinema【ら】
├ cinema【わ】
★music関連★
├ music【あ】
├ music【か】
├ music【さ】
├ music【た】
├ music【な】
├ music【は】
├ music【ま】
├ music【や】
├ music【ら】
├ music【わ】
★books★
├ books【for kids】
├ books【予定】
★FAVORITESヒト
├ 野口英世
├ しりあがり寿
★FAVORITESモノ
├ fragrance
├ shoes&bags
★eco & the earth
├ この人らを見て頑張れる
├ 健康なカラダ
├ 大腸ポリテクトミー2007
├ 腎盂腎炎2012
├ 虐待・毒親・家族
├ たべるのむ
Negiccoとかアイドルとか
未分類
お気に入りブログ
ライフログ
blog_parts
最新のトラックバック
以前の記事
2018年 12月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"peppermint-swirl" Skin by
Animal Skin
<   2012年 06月 ( 13 )   > この月の画像一覧
Top▲ |
なんだ(´Д` )
f0102471_204772.jpg


なんだ、寝たふりしてるぞ

f0102471_2047730.jpg


寝てく、れ
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-06-26 20:45 | ├ 7歳小2_2012-13 | Trackback | Comments(2)
チャリティでGET
f0102471_16131225.jpg


沖縄紅型ハンカチ

f0102471_16131471.jpg


ジャミロクワイのTシャツ

などなど計100円!
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-06-23 16:11 | ★FAVORITESモノ | Trackback | Comments(0)
ある意味清々しくもあり。


手放しで喜んでいいのやら

f0102471_14394353.jpg


いや、素直に喜ぼう、シンプルに。何しろ自分の希望だったわけだから。



実母がバリ行きを断念してくれました

親不孝呼ばわりされてもいい

今回のことが私にとってどれほどのことか

まざまざと自分に見せつけてくれました


心配をして下さった皆さん

ハラハラと事の成り行きを見守って(?)下さってた皆さん

取り急ぎ一件落着です


実母にとってはやはり私は「一個人」でなないようで

そこはもう覆ることもないのだろうなと

今回の一件で方向性が見えました

ホテルのランクも落として浮いた金でコモド・ドラゴン現地ツアーにでも

参加してこようとか、だんだんワクワクしてきました

ゴージャス・リゾート・ホテルは7歳児と行っても

楽しめるわけもなく、本当ならエアだけ取って

現地ロスメン何百円宿で充分なんだけど(らゆのように!

地方発だとそのようなことも出来なかったり

まあ、満足を得るような調べ方をするには体力も時間も限界

インチョンでトランジットツアーで韓国も楽しもうとか


とにかくやっぱり「息子ちゃんが楽しい」ことをメインに

夏まであれこれ考えようと思います


98年のバリでは同行したイケメン君とハードロックカフェで

ケーキを食べたっけな(彼は甘党だった、私一人ならケーキとか食べない

やー肩の荷が下りたし、胸のつかえも取れた


かなりの親不孝呼ばわりされているのは仕方ない

親不孝だと思うけど、相性ってもんがある


独立の件

敷地内にプレハブでも建てようかな、とか考えてる笑

平屋建ての2DKとかさ

どうもアパート借りてとかは浮かばないんだよね

倉庫の土地に建てるとか


そんな事考えてたら楽しい♪

想像して楽しい事しかやらないよ!ワガママです!

せっかく生まれてきたんだものね



ちなみに、悶々としていた時に息子ちゃんに相談したら

思いがけず大人な返答

おかーさんはおばーちゃんに怒りすぎるんだよ…

とか言われたんだよね。

だんだんちゃんと話ができるようになって嬉しい頼もしい。


今日は学校のオープンスクール。

朝一で1限観て、4限目行って、さーてこれから

チャリティーセールとゲーム会場に行ってきます


問題児クラスだと思っていたけれど、だいぶ落ち着きを見せたようで

安心した次第、行ってきまーす


[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-06-23 14:41 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(2)
居場所発見
以下転載

リアルなお友達には「お母さん寂しいんだよ」
「きっと心配してるんだよ」と流されて、余計orzとなる実母の話題。
ここには分かってくれる奥様が沢山居ます。
吐き出して元気になりましょう。

にちゃーーーーん

キーワード

無自覚・毒は決まって自分が親になれば親の苦労がわかる、親のありがたみがわかる、と偉そうに言っていた。が、いざ自分が親になるときにそれがいかに薄っぺらく感じるか。・毒は自己評価高いよね ※注釈:毒母を「毒」と呼んでるw
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-06-15 01:54 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(4)
長いです
合わない実母と旅行

思いのままに検索キーワードを入れるのが得意なしゅうままです。
近い悩みの方がおられて(わんさかね)答えられている方がまたグッと来て
メモとして貼ります。

しばらく合っていない友人からは「お母さんに優しくしてあげて」なんて
ブログを読んで苦言を呈してくれたけれど、一般的な「母像」で想像されると
まあ、そう思うわな、

この悩みを書かれた方と似ています。父を残して出ていけません。(甘え?
父も、息子ちゃんだけが楽しみだ、父親がわりだと言ってくれます。
父と息子ちゃんと三人の時が一番心地よいです

祖母の介護(下の世話だって風呂入れるとかもしなくてよかったんだけどね)から
解放されて、タガが外れたように遊び飛び回って、何もかも自由と履き違えた
見苦しい老母に足して、今まで以上の嫌悪感が募ります

結局祖母がなくなってから私の生活は何一つ変わることもなく
みんなが思ってるように「おばあちゃんのお世話大変だったね」ということではありませんでしたし
負担には思ってませんでしたし(おばあちゃんに最後のご飯を作ってやれたことは
私にとってすごく良かったし、トイレの汚物の処理なんかも特に嫌ではなかったし)

要は、囚われているのは実母の生活スタイルに、なんですね…

なんで天気の良い平日に足ふきマットとか洗ったり、しないんだろう…と
雨の週末に私が愚痴ると父が「自分の仕事だとはおくびにも思ってないからだろ」と。

結婚して私もいろいろ言われたことによって、自分がいかにガサツで何も知らなくて
どーしよーもなかったのに気づけたんだけど、そんな自分を見ているようでまた余計…
さらには、老母(老母と書くがこれまた若々しくしているから…ヒョウ柄をなぜ着るのだ)は
ドカドカ、ガチャガチャ、バンバンと、自分の存在を周りにアピールしているのだろうか
(たぶんそうなんだと思う、かまってもらえない人生だっただろうから、父からも…)

横道にそれました

そこへ、私のいとこの娘の結婚式がバリで。
老母にとっては姪の長女(ほとんど関わりなんてない、もちろん私も)

自分は祖母の四十九日後すぐに香港へパック旅行。
すっかり味をしめたらしく、結婚式などどうでも良いがついでにバリに行きたい。
私をガイドとして行くことになったのだ。

私はワタシで、金銭的な援助は悪いけど期待したかもしれない、し
親をつれていくからという名目で、仕事も休めるといった打算で承諾
ちょうどタイミング的にも残席わずかな時で滑りこみセーフ。だったのだが…

時間が経つにつれて、楽しくなるはず旅を想像すると気分が悪くなるし
(家の中でもなるべく接触しないように時間ずらした生活をしています←告白
細かいイザコザは相変わらず…ワタシ、という存在を認めない、というか
私に対してだけでなく、誰にでもそういう態度です

旅行。6月いっぱいはキャンセル料が発生しない、という餌に釣られ
毎日毎日悩み続けています。

そこで。上記検索を試みてヒットしました。

(妹からも「連れてってやる、て気持ちで腹をくくれ」
父からも「最後の親孝行にしたら」(父にしてやりたいんだよ、わたしは!)
友からもアドバイスはもらったし、いとこもその母(伯母)も私の気持ちを知っていて
少々心を痛めさせているという…(いとこが老母に声をかけたんだけど、それを反省してる…
だっておばさん、まさか行くと言うとは…と((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

正直、旅行にかかる費用を「慰謝料」として老母には遠慮してもらう、方向で考え
さらには私達も行かない…ぐるぐる渦巻いています…

金の問題じゃないんだ、気持ちの問題なんだ、あたし考えすぎなンか!(´;ω;`)?


−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−以下とある悩みサイト転載

ハッキリ言って実母とウマが合いません。
実母は思っている事を何でも言わないと気が済まない性格で、相手の事やその後の事を考えずに何でも言います。
私から見たら、何でも人のせいにして文句ばかりで・・・

母は子供の私を絶対に認めたり褒めたりした事はありません。
母の日やお誕生日にプレゼントを贈っても『こんなの欲しくなかった。こういうのは好みじゃない』と言い、私が父にあげたプレゼントにも『父はこんなの好みじゃない』など何かと言う人です。(父は何も言わないで不器用ながらに『ありがとう』と言います)
あまりにショックでその後、プレゼントをあげる気になれず母の日やお誕生日に何もあげなければ、文句を言う始末・・・(親に対して日ごろの感謝もないのか等)

母は姑(私の父方の祖母)と上手くいっていなかったそうです。
だから、私が結婚してもいつも自分との比較ばかりです。
私の姑は嫁でも家に来たらゆっくりしてほしいと言ってくれ、基本的に何もお手伝いせず(私も何もしないのは悪いと思って色々お手伝いしていましたが)泊まることもありませんでしたが、母からしたらとんでもないことらしく(母の姑は体が悪く父も結婚前はずっと手伝っていたそうなので)、口癖のようにいつも母の嫁時代と比較されいつも文句を言われています。

父曰く、母も母の実母(私の母方の祖母)と上手くいっていなかったので、私に対しても母と実母との関係が影響しているそうです・・・

周りからは結婚して実家に戻ると居心地がいいと聞きますが、私はその逆です。
つわりがしんどくて実家に戻っても、子供が生まれて実家に戻っても(こんな母なのでどうしても里帰り出産ははしたくなくて自宅で産んだのですが、出産後実家に帰らないなんて!!と母から強く言われて産後帰りました・・・)家事は私の仕事です。
食事が必要なら自分で作れ。子供が動いて家の中の誇りが気になるなら掃除をしろ。子供の洗濯が多くて困るなら自分で洗濯しろ。実家と言えど、家を出た身なので帰ってきて居候ならするなら家事くらいするのが当たり前なんだそうです、母にとっては。
『居候料を払って当然!!!払え!!!!』と言われた事も何度もあります。娘を見てもらうのも母にとっては『面倒を見させられている』んだそうです。
実家に帰るのが負担で帰らなければ『帰って来ないなんて!!』と言われるので帰りますが・・・

小さい頃から何かにつけて、『親をバカにして!子供のくせに!!』と言われます。母の口癖になっているくらい。
私の子育てにも色々言われます。母のそういう性格で産後、私が精神的に追い詰められたりしました。
『(私は)母親失格だ!!!こんな母親に育てられて(子供が)可哀想だ!!』って言われ続けられます。

私は、子供の頃から大人(特に母)の顔色ばかりうかがっている子でした。今でも人がどう思うのか。顔色がとても気になってしまいます。だから、子育ても客観的に見ればとても神経質になっているんだと思います。
先日、半年ほどお付き合いがあった母と同年代の方に半年ぶりにお会いする機会がありました。話の流れで私と母の関係をかじったのですが、『だから貴女はいつもそんなにも人を気にして、子育てにも神経質なのね』って言われました。

母は注意をする。叱るという感じではなく、八つ当たりする。人を自分の吐け口にするという感じです。
感情がヒートアップすれば、父の事も『お前』とか娘の私に対しても、『最低な男』等言います。父の悪口も姑(父の母。私の祖母)の悪口も言い続けます。そういう風に母をしたのも全部、結婚後の姑問題やそれに対応してくれなかった父、父の家族なのかもしれませんが、私から見たら人のせいばかりにしているようにも思えます・・・

母はそんな父といて決して幸せじゃなかったんだと思います。
私(子供)がいたから離婚できなかった言います。我慢するしかなかったと。
私も女の子の母親です。(離婚問題を抱えていますが)
母のような母親になりたくないとずっと思ってきましたが、母に育てられたのでいわゆる『普通の母親』がわかりません。母のようになりたくないと思えば思うほど、母のようになっている自分に気付きます。
でも、こんな母でも、やっぱり私は自分の母として必要としている部分も好きな部分もあります。

数か月前、私の堪忍袋の緒が切れて母にぶちまけた事があり、その後は母も少なからず理解してくれたように思えたのですが、喉ぼと過ぎれば・・・で今はまた逆戻りです。

母にとってやっぱり娘は同性として、競争心?はあるんでしょうか・・・

皆さん、どんな母と娘の関係ですか??
母世代の方からもご意見頂けたら嬉しいです。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



dentさん文章拝見してかなり私の実母ともかぶりました。
私の実母も似た傾向はあります、比較するものではないですが
それでもdentさんのお母様は少し行き過ぎに感じるので
心配になりました。


悲しい事にお母様は自分のお母様との親子関係から
立ち直っていないような気がしました。
清算されなかった悲しみや憤りがdentさんへ噴出している
ような感じがしましたので。


私の実母もとにかく「自分中心、我が儘、勝手、私には謝らない」
そんな人でした。理解等、到底求められない人で
いじめにあったていた事も両親には言えませんでした。
(父も子育てにノータッチの昔人間ですから)


私が大人になると実母はエスカレートしましたね
やたらな干渉、押しつけ、等がいろんな面で出ました。
経済面でも結構ありました。
(父にはやりくり下手と言われたくないのと自分が遊びたいお金です)


家を出ようにも戸惑いましたね、
何せ祖母(母の継母)と父の身の回りの世話はほぼ私がしていた為
父はともかく(きつくて好きではないですが)身体が弱い祖母なので
母にまかせるのはかなり不安がありましたから。


でも結婚しても同居する気もありませんでしたし
兄夫婦は近くに住んではいましたが基本義姉に世話をかける
という事は両親が望んでいなかったので、出て行ってもそれなりに
何とかなるだろうとは思って結婚した時には家を出ましたが。
母は自分に全部のしかかるのは御免とばかりに実家は
家事が回らずで父、母、祖母でバラバラの生活だったようです。


私も顔色を伺っていたのが一旦家を出ると強くもなり
後は私自身は何を言われても大抵我慢出来ましたが
夫や友人に対して暴言が出たのをきっかけに絶縁しました。
私もきつく言った事がなかったせいか、その時の母は
相当慌てたようです。


絶対にそんな事は相談もしなかった母が
兄に初めて相談を入れたようです。
(でも父にはしない、というか出来ないのです)
兄が間に入ろうとしましたが私の拒絶で長年の絶縁です。


母も恐らく若い内に実母を亡くし、父親とはうまくいかず
継母である祖母とも同居し、父は昔人間で助けてもくれなく
孤独だったのだと今は彼女の限界を理解する事で
許せない事はありますが、少し同情出来るようになりました。


現在は絶縁は解いてますが、大分変わりました。
絶縁を解く時には初めて私に謝りました。
その時母は60代に行く年齢でした。


長年積もったものは「大事なものを失う危機」でも訪れないと
人間変わらないのかもしれないと思ったりもしました。
母は助けがない孤独の中で(内向的で友人も少なかったので)
子どもである私に依存していたのかもしれません。
自分が自分でいられるのは私と接している時だけだったのかもです。


兄を溺愛し、私は「いらなかった」と言った母。


母が倒れたのがきっかけで絶縁解除となりましたが
母にとって「愛する良い子ども」なはずの兄は見舞いにもこず、
父や祖母も来ない病室で私と私の家族だけが来たそうです。


それでも母にとって兄が1番可愛いそうです。
兄には嫌われたくなくて何でもしてやり兄は一人では何も出来ません。
兄は義姉が倒れた時には実家にすぐころがりこみ
姪の世話も全て母まかせ、それでキレそうになると
義姉にあたっていたそうです。


絶縁解除をきっかけに私が思っていた事を母には打ちあけました。
反省や後悔もあるのか?言ってくれる人がいなかったのか?
私へは何も言いませんでしたが母はそれ以来変わったように感じます。


人は見たいものだけ見て、信じたいものだけを信じる
そんな癖があります。
母にとっては多分死ぬまで兄は自慢の息子であるでしょう。
でも私はいらない子だった事は埋めようとしてるかのような
言動が見受けられるようになってきましたけどね。


自分が信じるもの以外、他の真実があるなんて
母には思いもよらないのかもしれません。
私には母を変える事は無理でしたが、ぶつかる事は出来ました。


ぶつかる事で私も「いらない子」だった自分と決別もしました
親にそれでも愛されたいと思う自分も捨てました。
完全に捨てられないからこそ苦しいのですけどね。
ある程度割り切る事が出来ました、親の為だけに動く良い子を
その場で捨てられましたから。


dentさんへ言えるのは「ご自分とお子さんを大事にして下さい」です。


親は確かに自分を育ててくれた尊い存在です。
でも親の為に自分が不幸になってはいけないと思います。


プレゼントを渡しても喜ばない、文句を言う
あげなければ感謝がないという
それは親以前の問題ではないでしょうか?


最初の一歩は確かにとても怖い一歩でもありますが

親の顔色を伺わない
親にたてつく
親に反抗できる
親でも違う、と思う事は違うと言える


それが親離れとも言えるような気がします
私自身の体験で、ですが。
大事にする事は我が儘や横暴も受け入れる事、ではないと思います。


dentさんがこれから子育てをされるにもdentさんとお母様の関係、
というものはdentさんの心の中でだけでも向き合わないと
これからの先がお母様との関係だけではなく大変だと思います。
dentさんがお子さんとの関係でも迷ってしまう事がないように


親子関係というのは自分の根幹に関わる
とてもとても大事な問題だと思っていますので。


長々すみませんでした。
でも応援しています。
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-06-14 21:04 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(2)
最近手伝いし始めました
f0102471_1853032.jpg


ナシゴレン風、単なる焼きそば笑

小籠包つき☆

息子ちゃん、もやしのひげ根を取る

f0102471_1853152.jpg


ナシチャンプル、食べたい早く
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-06-12 18:50 | ├ 7歳小2_2012-13 | Trackback | Comments(5)
テスト結果
f0102471_21251785.jpg


(; ̄ェ ̄)
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-06-09 21:22 | ├ 7歳小2_2012-13 | Trackback | Comments(6)
ドムドム衰退らしく
f0102471_23423741.jpg


昨日の夜は、Negiccoファンたちと

ドムドム話で盛り上がりました

Twitterでの話です

Twitterの楽しみはこういう下らないネタから

いろんな場所のいろんな人々と

あーだこーだ言うのが楽しい


誰かのツィートに私が

リブバーガー大人食いしたい

と呟いたところから広がって

いまや衰退の一途

新潟には既になく、ダイエー資本なくせに

サイトの店舗検索カテゴリの

関東エリア、中部エリア、北陸エリア、まさかの東北エリア…


ない、ないよ、新潟県自体が!


と言う事でブログにめっきり登場しなくなったのは

Twitter、Facebookに移行してしまったしゅうままなんですねー(;´Д`A
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-06-06 23:35 | ├ たべるのむ | Trackback | Comments(3)
Facebookで見つけたインドの祭ホーリーの写真がすごい
f0102471_23351868.jpg


Facebookでは、この祭の最中に

ネパールからインド国境越えたんだと

書いたけれど

f0102471_23352037.jpg


記憶はどんどん薄れてゆく

水かけ祭だったのかな、インド入りしたあの日は

f0102471_23352087.jpg


祭で国中が尋常じゃないからと

インド入りする日を、ぬうと相談して

ずらしたんだったか、それはホーリーだったのか

f0102471_23352196.jpg


いずれにせよ、ほこりですすけた現実の旅にはない

鮮やかなこれらの写真にハッとした

f0102471_23352276.jpg


日本の湿度から見れば派手な民族のカラーも

その国にいてしまえば、違和感もなく。
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-06-06 23:27 | ★あの旅、とか | Trackback | Comments(2)
マリメッコのユーロコイン!
f0102471_13125887.jpg


ほしー♪───O(≧∇≦)O────♪
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-06-06 13:12 | ├ コイン紙幣切手 | Trackback | Comments(2)
| ページトップ |