Top

Stia tranquillo,tutto andra bene.安心して。全てがうまくいくよ。やはりBlogはアーカイブとして残るから(・∀・)イイネ!!
by Oo..oO
最新のコメント
☆らゆ。あけましておめで..
by zucchini0315 at 14:08
最近虫歯が減って(特に子..
by らゆ at 08:26
☆yukiちゃん。ありが..
by zucchini0315 at 12:56
とてもよいものを読ませて..
by yuki8055 at 08:44
☆moha先生。日本にも..
by zucchini0315 at 20:01
モスクは今だ入ったことが..
by mohariza12 at 19:01
ぎゃサカナクションもいた..
by zucchini0315 at 10:51
> mohariza12..
by zucchini0315 at 20:45
(NHKの去年の大河ドラ..
by mohariza12 at 19:37
エキストラ!カイロでイタ..
by zucchini0315 at 09:36
友達がエキストラで出た時..
by らゆ at 02:18
せやろー;^_^Aこの足..
by zucchini0315 at 16:18
らゆお久!暑いな!神戸ロ..
by zucchini0315 at 16:17
何か・・・しみじみする1..
by らゆ at 16:16
これ見たいねん。宮沢りえ..
by らゆ at 16:11
タグ
(247)
(210)
(135)
(108)
(55)
(53)
(40)
(40)
(27)
(22)
(18)
(17)
(16)
(15)
(10)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
カテゴリ
全体
★profile★
★コドモの成長★
├ 0歳2005-06
├ 1歳保育園2006-07
├ 2歳保育園2007-08
├ 3歳年少_2008-09
├ 4歳年中_2009-10
├ 5歳年長_2010-11
├ 6歳小1_2011-12
├ スポチャン2009-2011
├ 7歳小2_2012-13
├ 8歳小3_2013-14
├ 9歳小4_2014-15
├10歳小5_2015-16
★characterキャラクター
★surprise/wonder
├ DQN愚名シリーズ
├ 激似シリーズ
★地元
├ 大地の芸術祭/水と土の
★あの旅、とか
├ TOKYO_10years
├ OSAKA_8years
├ 沖縄病
├ 沖縄2010冬
├ 香港2010夏
├ 鎌倉2010秋
├ BALI2012夏
├ 鳥取砂丘2013夏
├ 関西USJ冬2014
├ 粟島笹川流れ2014夏
├ LONDON2014-2015
├ 北海道2015夏
★DESIGN&ART★
├ apple mac iPhone
├ languagesコトバ
├ コイン紙幣切手
├ バイクとクルマ
★当選と頂き物★
★cinema関連★
├ cinema【あ】
├ cinema【か】
├ cinema【さ】
├ cinema【た】
├ cinema【な】
├ cinema【は】
├ cinema【ま】
├ cinema【や】
├ cinema【ら】
├ cinema【わ】
★music関連★
├ music【あ】
├ music【か】
├ music【さ】
├ music【た】
├ music【な】
├ music【は】
├ music【ま】
├ music【や】
├ music【ら】
├ music【わ】
★books★
├ books【for kids】
├ books【予定】
★FAVORITESヒト
├ 野口英世
├ しりあがり寿
★FAVORITESモノ
├ fragrance
├ shoes&bags
★eco & the earth
├ この人らを見て頑張れる
├ 健康なカラダ
├ 大腸ポリテクトミー2007
├ 腎盂腎炎2012
├ 虐待・毒親・家族
├ たべるのむ
Negiccoとかアイドルとか
未分類
ライフログ
blog_parts
最新のトラックバック
以前の記事
2018年 12月
2017年 09月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"peppermint-swirl" Skin by
Animal Skin
カテゴリ:★books★( 147 )
Top▲ |
自選短篇集【虹の繭】大庭みな子
2010.5.21記述より

たまたま過去のブログを遡って。

Amazonにて中古発見。発注してみた。

夜になんにもやる気は起きないし、

文字を読むのも億劫なんだけど(たぶん老眼キテる

図書館で予約して書庫から出てきた89年刊行のこの本は
f0102471_11385212.jpg

たぶん刊行から21年初めて開かれたようだ

誠に新しいその本は、自薦短編集だけに

あらゆる方向に富んだ興味深い本だった

〈収録作品〉

幽霊たちの復活祭
青い狐
釣りともだち

オーロラと猫
からす瓜
淡交
いさかい
虹の繭
帽子
どんぐり
佐渡
飛ぶ花
恐竜


「佐渡」がとても良かったんだけど

次の予約した本を一週間以内に取りに行かねばならず

返却してしまった、もう一度じっくり読み返したい一冊


廃刊になっているらしくAmazonの中古でも良い値段だ



---------------------------------------------------------------------------

東京に生まれたが、終戦の年には、被爆後の広島市に救援隊として動員され惨状を目の当たりにする

津田塾大学学芸学部英文学科卒業

母の実家の新潟にも何年か滞在され、小説に度々、良き時代の柳都新潟市が登場する

夫の赴任先・アラスカで本格的に執筆を始め1968年、アメリカの市民生活を描いた

デビュー作『三匹の蟹』で群像新人文学賞、芥川賞を受賞

---------------------------------------------------------------------------

もう少し新潟で注目されたらいい作家なのにな

[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2016-06-11 10:51 | ★books★ | Trackback | Comments(0)
堀文子【アフガンの王女】
2010.11.3記事より追記

【イベント】画業80年。堀文子の挑戦は終わらない。
「堀文子 一所不住・旅」展@兵庫県立美術館(2015/4/18~6/7)


お近くの方ぜひ!


f0102471_2148384.jpg

この絵は誰の?

「徹子の部屋」に飾ってある、と

友人から画像添付で依頼

頭に浮かんだのは「ラピスラズリ」と「カフタン」というキーワード

絵から検索するのは難しいだろうなと思っていたら、意外にも即出

検索のキーワードは「徹子の部屋 絵」です…

平成18年6月20日(火) 出演

堀 文子(ほり ふみこ)


「87歳情熱の画家・堀文子が描く」

 独自の絵を描き続け、圧倒的なリアリズムの技量と詩情あふれる作品で、多くの熱狂的なファンを持つ画家の堀文子さん。82歳のときにヒマラヤに咲くブルーポピーを描くため5000メートルの山に自ら登るなど話題が耐えない堀さんだが、88歳になる現在の興味は蜘蛛。毎日蜘蛛と蜘蛛の巣を観察、研究し、素晴らしい絵を完成させた。そんな堀さんは黒柳に出会い、「まるで不思議な生物に出会ったよう」と初めて人間をモデルにして絵を描きたくなった。黒柳はそれに応え、世界のあちこちで集めた不思議な民族衣装を着てモデルになった。「徹子の部屋」のセットに飾られている青い民族衣装を着た女性の絵「アフガンの王女」も、その時に描いたもの。今日はそのスケッチをしている様子をVTRで紹介。モデルを務める黒柳の珍しい映像は必見!また、新作の黒柳モデルの絵も紹介する。

f0102471_095617.jpg

入手しました
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2015-03-10 23:03 | ★books★ | Trackback | Comments(0)
まずはマゾヒズム、異常性愛などを主題とする河野多惠子氏
2010記載した河野多惠子さんが亡くなられました

f0102471_17241460.jpg
図書館でまだ誰も読んでない形跡のこの本を見つけた

だって紐しおりが美しいまま
f0102471_851955.jpg


角川の女性作家シリーズ9

幼児狩り、不意の声、骨の肉(河野多惠子)
三匹の蟹、寂兮寥兮、ろうそく魚、むかし女がいた(抄)、詩篇(大庭みな子)

河野多惠子氏は「読みたい本リスト」に挙げていたし

大庭みな子氏も「むかし女がいた」が面白かったし



まずは「幼児狩り 」1962

題名から想像されるように軽い幼児性愛者(ペドフィリア)のはなし。しかもそれは30代女性なの。

岩井志麻子氏の「ぼっけえきょうてえ」読んだときのグロテスク感、えぐさ…よりも怖い

実行はしないけど想像するの。自分に子どもいないのに子供服を買ってしまい

知人の子どもに唐突にプレゼントしたりする。もらった親は少し戸惑うが子どもは喜び

その脱ぎ着を観てヨロコブの…怖い

1962年にそんなことを書いて世の中に発表した河野氏は谷崎潤一郎の衣鉢を継ぐ。

最晩年の谷崎が文京区関口台アパートという高級マンションに住んでいた時、瀬戸内晴美が同じ階にいたので河野が来て、これが谷崎先生の部屋だと教えられてドアに口づけしたら、部屋を間違えていたなどということもあった。


とwikiに。怖い怖い


ついで「不意の声」1968

エライ関係の悪い夫婦。友人を呼んでは酒盛りの日々。

帰ろうとする友人を「こいつ(妻)と二人きりにしないでくれ」と酔った夫はいう。

しかしある晩。しらふの夫が寝床から「出て行け」と。執拗に。夜中に。

妻はほとんど金も持たず出ていくが、関西の実家に帰るための旅費を昔の男に無心する。

実家に帰るともう耳の遠くなった母を、殺す。わからない。その殺意。

そして出ていったはずの家に戻る。無心した昔の男の子どもを今度は手にかける。

わからない狂気。




最後に「骨の肉」1971

牡蠣・テール…骨や殻の食べ物をこよなく愛した男女

その「食」の描写のグロテスクというか人間、あるいは野性的な描写に心理が描かれる

牡蠣の大好きなしゅうままは楽天で送料込みのお試し牡蠣を試したくてたまらない(笑


男は女に最後の切り札をいわせるように仕向け、出ていく

荷物は残されたまま

その荷物を処分できない女



河野先生はアウトロー文庫だよ。この当時にこんなコトを書かれていたなんてね。

んでこの本も気になった

ウィリアム・モリスかリバティか、美しい表紙

f0102471_9334137.jpg


[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2015-02-01 09:22 | ★books★ | Trackback | Comments(0)
【40歳からの人生を簡単にする99のコーチング】
2008.7.9から再投稿

全く記憶に残ってないからまた読まなきゃ

しかし。6年も前に…読んでいたんか自分は

f0102471_22355624.jpg
講談社+α新書【40歳からの人生を簡単にする99のコーチング】吉田典生著

決して「人生を簡単」にしようと思った訳でなく

「コーチング」に以前から興味があって図書館で借りまして

○お金
○人間関係
○時間管理
○学習
○健康
○家族
○未来
○遊び
○充実感
○老後

という10カテゴリーに分類し自分だけの「答え」を見つけ出すための99のアプローチ
中でも印象的だったのは

あなたを活性化してくれるのはどんな人かという「人間関係」カテゴリーのひとつ


活性化してくれる相手消耗させる相手

決して理屈に合わない事を言っていなくても、事実として自分の力を奪う相手かどうか

自分を消耗させる相手の理論が明快だと「自分は甘い」「自分は間違えている」「我慢が足りない」などとマイナスに向かいがちになる

本当の「気づき」を促してくれる助言と、ただ落ち込んで終わるだけの小言をしっかりと聞き分けなければならない

話して元気になる人は、あなたのどんなところに拍手をしてくれるか

どうしても答えが出ない時は「正誤」でなく「今の自分は何を欲しているのか」で決断してみてはどうでしょう

元気になる決断をする、という事です


このアプローチ、受け入れましたね


消耗させる相手

●いつも「やる気」にブレーキをかけに来る人

●「勇気」を嘲笑する人

●「根気」を萎えさせてしまう人

自分のどの部分を意図的に伸ばしていくか自己責任の選択
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2014-03-07 19:54 | ★books★ | Trackback | Comments(0)
1Q84。無駄に性描写多過ぎ。春樹氏にちょい幻滅


f0102471_14333685.jpg


文庫本が出たね。でもたまたま図書館で目があった。

ふたつのストーリーがシンクロするタイプが主流になったのね春樹さん

ようやく下巻(BOOK2)予約してたのを入手


いままで氏の小説に登場する女性には、あまり感情がなく常に脇役だった

と記憶するけれど、今回は主役の一人


女性視点がずれているような気がして、氏の女性の描き方に不満


無駄に性描写が多くて、肝心のストーリーの面白さ半減

とか言いながら、読み始めると止まらない

やれやれ

[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-05-10 14:37 | ★books★ | Trackback | Comments(0)
仕事の盟友が本を出版。[会社と仕事を変えるデザインのしかけ]中野由仁著
f0102471_1336413.jpg


大阪時代、世話になった中野さんが本を出版

同じ印刷会社から独立した時

声をかけてくれて

会社の立ち上げに参加

マンションの一室から今や3社に分社するほどの勢い


デザイナーから総スカンを食らう内容というレビュー

まだ予約販売中なのですが、早く読みたいです!!!





[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2011-12-09 13:33 | ★books★ | Trackback | Comments(0)
朝日新聞『追憶の風景』作家河野多恵子氏
f0102471_21581286.jpg


昭和26年生まれの氏は

1992年から14年間NYで暮らした

エンパイアステイトビルより年上だと

知り、改めて長く生きてやろうと思われたそうな

日常の奥に潜む情念を描かせたら逸品

また読みたくなった
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2011-09-15 21:52 | ★books★ | Trackback | Comments(2)
ブックスBCCKSという誰でもカンタンに本を作って公開できるサービスの
BCCKSというサイトに登録していたんだろうな

f0102471_14361225.jpg


iPhoneアプリができましたと早速フリーダウンロード

最初に手に入れた本

f0102471_14383965.png


ジャケ買い…でしょうか、タイトルが強烈です

PCはこちらで読めるよ


結局キンドルもiBookもダウンロードしてiPhoneに

いろんなモノがいっぱい入ってるけど


時間がない

[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2011-09-13 14:45 | ★books★ | Trackback | Comments(0)
「男の子を伸ばす母親は、ここが違う!」
こんな本、読むってのは、はい、悩んでんです

f0102471_05959.jpg


ガミガミなの、すっごく疲れます

でも言い続ける事にも意味があると信じて


いきなり「オチンチン力」というキーワード

ちょろちょろする能力の事らしい

落ち着きがない。目立ちたがり。

しかしそれこそ男の自主性、自立性、創造性、知性、行動力の源

本格的な勉強は14歳以降でよい

小さい頃に充分遊んだ経験が大事

受験産業を盲信しないこと

好きな教科を極めさせる

男の子は「理屈」で納得させよう。感覚的女性的なやり方はダメ。女の子なら、母親に感情をぶつけられても「まずい事をしたな」とわかるが、男の子には通じない。わかってもらえる言い方を考える。

男の子には「怒り」より「冷たさ」を。

「美しいもの」は絶望を遠ざける。

一度注意したら最後までやらせる。

人生を豊かにしてくれるもの
(1)何気ない日常の中でも美しいものに気づく心
(2)見知らぬ人の境遇に思いを馳せ、わずかでも力を貸そうとする思いやり
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2011-06-20 00:34 | ★books★ | Trackback | Comments(2)
とりあえず読んでみよ
f0102471_12565131.jpg


ガミガミ

イライラ

まずは読んでみよ
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2011-05-25 12:55 | ★books★ | Trackback | Comments(0)
| ページトップ |