Top

Stia tranquillo,tutto andra bene.安心して。全てがうまくいくよ。やはりBlogはアーカイブとして残るから(・∀・)イイネ!!
by Oo..oO
最新のコメント
☆らゆ。あけましておめで..
by zucchini0315 at 14:08
最近虫歯が減って(特に子..
by らゆ at 08:26
☆yukiちゃん。ありが..
by zucchini0315 at 12:56
とてもよいものを読ませて..
by yuki8055 at 08:44
☆moha先生。日本にも..
by zucchini0315 at 20:01
モスクは今だ入ったことが..
by mohariza12 at 19:01
ぎゃサカナクションもいた..
by zucchini0315 at 10:51
> mohariza12..
by zucchini0315 at 20:45
(NHKの去年の大河ドラ..
by mohariza12 at 19:37
エキストラ!カイロでイタ..
by zucchini0315 at 09:36
友達がエキストラで出た時..
by らゆ at 02:18
せやろー;^_^Aこの足..
by zucchini0315 at 16:18
らゆお久!暑いな!神戸ロ..
by zucchini0315 at 16:17
何か・・・しみじみする1..
by らゆ at 16:16
これ見たいねん。宮沢りえ..
by らゆ at 16:11
タグ
(247)
(210)
(135)
(108)
(55)
(53)
(40)
(40)
(27)
(22)
(18)
(17)
(16)
(15)
(10)
(7)
(7)
(7)
(7)
(6)
カテゴリ
全体
★profile★
★コドモの成長★
├ 0歳2005-06
├ 1歳保育園2006-07
├ 2歳保育園2007-08
├ 3歳年少_2008-09
├ 4歳年中_2009-10
├ 5歳年長_2010-11
├ 6歳小1_2011-12
├ スポチャン2009-2011
├ 7歳小2_2012-13
├ 8歳小3_2013-14
├ 9歳小4_2014-15
├10歳小5_2015-16
★characterキャラクター
★surprise/wonder
├ DQN愚名シリーズ
├ 激似シリーズ
★地元
├ 大地の芸術祭/水と土の
★あの旅、とか
├ TOKYO_10years
├ OSAKA_8years
├ 沖縄病
├ 沖縄2010冬
├ 香港2010夏
├ 鎌倉2010秋
├ BALI2012夏
├ 鳥取砂丘2013夏
├ 関西USJ冬2014
├ 粟島笹川流れ2014夏
├ LONDON2014-2015
├ 北海道2015夏
★DESIGN&ART★
├ apple mac iPhone
├ languagesコトバ
├ コイン紙幣切手
├ バイクとクルマ
★当選と頂き物★
★cinema関連★
├ cinema【あ】
├ cinema【か】
├ cinema【さ】
├ cinema【た】
├ cinema【な】
├ cinema【は】
├ cinema【ま】
├ cinema【や】
├ cinema【ら】
├ cinema【わ】
★music関連★
├ music【あ】
├ music【か】
├ music【さ】
├ music【た】
├ music【な】
├ music【は】
├ music【ま】
├ music【や】
├ music【ら】
├ music【わ】
★books★
├ books【for kids】
├ books【予定】
★FAVORITESヒト
├ 野口英世
├ しりあがり寿
★FAVORITESモノ
├ fragrance
├ shoes&bags
★eco & the earth
├ この人らを見て頑張れる
├ 健康なカラダ
├ 大腸ポリテクトミー2007
├ 腎盂腎炎2012
├ 虐待・毒親・家族
├ たべるのむ
Negiccoとかアイドルとか
未分類
お気に入りブログ
ライフログ
blog_parts
最新のトラックバック
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"peppermint-swirl" Skin by
Animal Skin
カテゴリ:├ cinema【か】( 48 )
Top▲ |
【幸福な食卓】勝地涼くんだ!
2008.10.8記載をたまたま見直していたら!

勝地涼くんだったのか!やっぱりいい俳優だ!

f0102471_932189.jpgf0102471_93341.jpgまたBS2で

崩壊した家族の立ち直りを

中学生の女の子の思春期を通して描いた話

主役の「北乃きい」ちゃんがとても好演していた

なんか清楚さが昔の薬師丸ひろ子とか

原田知世のそれに近く

大浦君よかったわ(右の男の子)私も惚れる

そして大浦君の母役久保京子さんが好きで

彼女のサインを持っています「しゅうままさんへ」と書かれたヤツf0102471_923372.jpg
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2015-12-27 20:58 | ├ cinema【か】 | Trackback | Comments(2)
念願叶って【風の波紋】
姪っ子甥っ子が昨日から来ていて

車の定員にあぶれるため同行をいつも辞退するぼっちデス。どうも♪

ひとりぼっちをさあていかに過ごすか。

長岡に帰って来てからずっと行きたくていけなかった恒例の「ながおか映画祭」が

ちょうど今日からということで
f0102471_19195164.jpg
新潟ご出身の小林茂監督舞台挨拶もあるというのでリリックホールへ。

f0102471_19195172.jpg
十日町松之山を舞台にしたドキュメンタリー

風の波紋

大地の芸術祭の舞台にもなってる彼の地

今回で感じた過疎化とうら寂しさをますます助長させたようで

体調が思わしくないのも相まって頭がガンガンしています

川の上流が荒れると下流も荒れる

農業をほそぼそと営む山の荒廃は都市部への荒廃にも繋がる

監督は都市ダメ田舎礼賛を言いたいわけじゃないと発しておられましたが

身が空いているのであれば3日間通し券で

朝から晩まで詰めていたいのですがそうは行かず

帰郷10年目にしてようやくこの映画祭に出向けたことが嬉しい

ながおか映画祭

この小林茂監督代表作は阿賀に生きる

新潟水俣病を描いた作品

明日はDVDでようやく観てみようと思います

[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2015-09-21 19:19 | ├ cinema【か】 | Trackback | Comments(0)
20代の自分の生き急ぎ感を思い出したり
f0102471_12374914.jpg


イザベルアジャーニ美しかった

[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2015-09-08 12:33 | ├ cinema【か】 | Trackback | Comments(0)
ドラマ>映画。紙の月
確か去年末?いや今年の年明けにNHKドラマ「紙の月」(角田光代著)を見通した。

原田知世がとうとうエドツワキと離婚する事になって注目していた矢先のドラマ

f0102471_15440631.jpg


音楽もマイヤヒラサワ。

挿入歌のAkikoと言うジャズシンガーの

Beyond the moonがまるでバグダッドカフェの

Calling youみたいな乾いた音で。

iTunesだけのサントラ購入しました。

聴いてると暗くなるのであんまり聴いてない汗

原田知世のファッションも

満島ひかるの弟も
f0102471_15440668.jpg


嫌なダンナの光石研も

f0102471_15440620.jpg


はまってとても良いドラマだった。

f0102471_15440613.jpg

透明感にヤラレたし

彼女のミュージシャンとしての

活動にも、好感でした。

で。有線U-NEXTも残すはあと1日w

f0102471_15440610.jpg


比較するつもりは無く宮沢りえに興味で鑑賞。

f0102471_15440652.jpg


愛人役の坊やに魅力なし

f0102471_15440796.jpg


モラハラ旦那田辺誠一も魅力なし

f0102471_15440705.jpg


何しろ宮沢りえがきれいじゃなくて演技棒

f0102471_15440789.jpg


ヤメゴクで見直したAKB大島優子が唯一好演

f0102471_15440795.jpg


ドラマと比して銀行内部の描き方が丁寧だった

んだけれどオールドミス(死語w)小林聡美が

宮沢りえを咎めてのやり取りも的を射ず

最後にチョロッとタイで逃亡生活の小綺麗な

宮沢りえが出てくる消化不良。

モラハラ旦那田辺誠一との事件後も描写なく。

2時間に収めるのは大変だろうが


まてよ。宮沢りえの演技観たの初めてか?

代表作はSanta Feだからな。

好きだったけどなんかもう注目に値しない

#なんたるや上から目線w


映画とドラマの件で言えば

「8日目の蝉」は映画しか観てなくて

あら、これも角田光代著かいな!

井上真央、永作博美素晴らしかったし

これ観て小豆島行きたくなってるんだけど

劇団ひとりも良かったし

ドラマはなかなか観るチャンスと時間なくて。

金麦好きだけど檀れいはどうだろう。

[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2015-07-20 15:23 | ├ cinema【か】 | Trackback | Comments(4)
Pierrot Le Fou【気狂いピエロ】
水色のバスローブが欲しくなった。

f0102471_1333241.jpg


やっぱり好きだなあ、ゴダールの世界。

ようやく観た「気狂いピエロ」

f0102471_1352851.jpg

[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2013-09-27 13:04 | ├ cinema【か】 | Trackback | Comments(0)
海角七号 君想う、国境の南(かいかくななごう きみおもう、こっきょうのみなみ )(原題:海角七號)

台湾日本合同作

f0102471_21581217.jpg


何でこの映画を知ったか思い出せない、が観ようと思っていたらTSUTAYAに。

最初はなんじゃこりゃ~~~と見始めたけれど

めっちゃ良かった

日本・中国・台湾民族…海外に暮らす日本人の女子、言葉、文化…

主演はトニー・タナカの娘(@@)

台湾の范逸臣(ファン・イーチェン)メッチャかっこいい

f0102471_21575911.jpg


ストーリーは「ありえねー」的な展開なんだけど

アツくなるモノあり

中孝介くんが本人役で登場

戦時下の日本人と台湾人の恋の話からつながるストーリーは秀逸です

あ、いわゆる台湾的なツーリスティックな要素は皆無です

台湾のどこにでもあるような田舎の話


[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-11-04 22:01 | ├ cinema【か】 | Trackback | Comments(0)
懐かしきロンドン【こわれゆく世界の中で】Breaking and Entering。ただのラブロマンスでない。


f0102471_12495987.jpg


ジュード・ロウがとてもかっこいい

前知識なく観た、ほとんどジュード・ロウ目当てだったけど

ボスニア紛争、ロンドンの格差社会、家族の形

障害のある子ども、とアンソニー・ミンゲラ監督の最後の作品

f0102471_12515746.jpg


「マイ・ブルーベリー・ナイツ」の頃と同じ撮影でかっこ良さは一緒♡

この役者はカッコいいだけじゃなくて、目線や雰囲気の演出がすごい

北欧の内縁の妻(ロビン・ライト・ペンカッコ←いい女)の苦悩

そして事件から知りあう事になるボスニアの寡婦ジュリエット・ビノシュ

f0102471_12567100.jpg



いろんなレビューを読んでいると、若い人には単なる不倫映画らしい。

ビノシュ演じる戦火から逃れ、貧しくロンドンに生きていかねばならない

しかも悪事に手を染めるしか残されていない息子を愛する、

しかし、自分も孤独で、愛を求める母・女性像を見事に演じている。


アンソニー・ミンゲラ監督の「イングリッシュ・ペイシェント」は

f0102471_1342329.jpg


ロンドンで観た。ミンゲラ氏お気に入りなんだねビノシュ。


「ポン・ヌフ」で初めて知ったジュリエット・ビノシュを美しいとは思わないが

希少な役者だと思う。ロマとか中欧出身の役とかできるし(^^ゞ

お母様がポーリッシュなのね



地味な映画だけれど、凄く良かった。

で、ロビン・ライト・ペンはショーン・ペンと離婚したのに名前が…なんで?

あ、この映画の当時は結婚していたからか

f0102471_131916.jpg


しかも「フォレスト・ガンプ/一期一会」で観た観たー



わ!舞台となるキングスクロスにこんな名所が!

f0102471_139691.jpg


ハリー・ポッターのキングスクロス駅 プラットフォーム9と3/4!

f0102471_13162938.jpg


この映画の中でジュード・ロウはキングスクロス開発をしている

建築家なんだけど、こんな模型が出てきて

ジオラマ人形が日本製で、そこから事件が発覚していくという流れが

興味深かった

f0102471_13272875.jpg


[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-05-24 13:07 | ├ cinema【か】 | Trackback | Comments(0)
エキサイトニュースに出たこのレビューが最高。だけど感動だよ【この空の花】
この映画のレビューを書いたろ、と思っていたらなんとエキサイトニュースに。

f0102471_22124833.jpg


申し上げておくが、長岡人にとったら特別の映画なんだからね!

Twitterでは、この映画にも関わる監督の娘さんにもツイートして

暖かいお返事を頂いたしゅうままですから!長岡への愛を感じる映画なんですよ!

でも、的を射た素晴らしいレビューだから、悪いけど転載させていただくとする( ー`дー´)キリッ

あ、ネタバレバレだから、見に行く予定の方は読まないでね

大林宣彦監督
「この空の花」が
超問題作! 
じじいがすごいことを
ガツンとやった!

(↑エキサイト全国ニュースのtopタイトルね↓以下本文

と て つ も な い !
大林宣彦監督の新作映画「この空の花 長岡花火物語」が、とてつもない。

すさまじいというか、じじいがガツンとやると、すごいことを素でやる!
理屈超える、時空超える、映画超える。
マジックリアリズムっつーより、じじいリアリズムで、デタラメさ満載の掟破り超傑作かつ超駄作かつ超問題作。

映画のはじまりからすごい。

「この空の花」ってタイトルがあって、「A Movie 長岡映画」って出て、「2011年3月11日を体験した僕らはうんぬん」って出て、「遠藤玲子の感傷旅行」って出て、どんだけ出るんだよ、あわあわしてたら、「まるで夢のような、でも本当の話」ってナレーションで、「長岡ワンダーランドに一緒に旅しましょう」とか言いだして、しょっぱなから、ワンダーすぎてついていけない。

と思ったら、タクシーにのってる遠藤玲子(松雪泰子)がカメラ目線で、「昔の恋人から手紙をもらったのです」って、こっちを向いて、説明台詞で早口で語りかけてくる。
なんで、こっち向くの! って思ったら、その手紙書いている昔の恋人も、書く手を止めて、くわっと頭をあげてこっち向いて、「生徒の劇を観てもらいたくて、手紙を書いたんです」とか言うので、いやいや、客席気にしなくていいから、ふつーに映画進めてくださいよ、と当惑する間もなく、18年前に時空飛ぶ。

f0102471_22132453.jpg


ふたりが別れるシーン。

別れ際に、遠藤玲子が「戦争なんて関係ないのに」って、突然、本当に何の関係もない話題を! 
男も、そりゃ「せ、せんそう!?」って驚きますわな。
しかもテロップで「戦争」って出てくるので、客も驚きますわな。
男(長髪のカツラをかぶった高嶋政宏)、その後、何をとちくるったか、真剣な顔で「痛い! この雨が痛い!」。
わけわかりません!
しかも、これが何だったのか、最後までぼくには分からず、っていうか、これぐらいの不思議は、ここから先の怒濤のワンダーにくらべれば些細なことなので、これっぽっちも気にならなくなる。

長岡(中越高校だよ)で先生やっている男の前に、花という謎の少女が突然あらわれます。
「まだ戦争に間に合う」という脚本を持ってきて話す少女はバストショットで映し出され、なぜかゆらゆら揺れていて、どうしたのこの娘?って思ったら、一輪車に乗ってる。
教室の廊下を、一輪車で駆け抜ける花。
教員室で、花火の蘊蓄を説明しはじめる先生。他の先生も、カメラ目線+説明台詞で花火の説明。突如、しゃみせんを引き出す始末。

このあたりでも、テロップはガンガン、出てくる。
戦争の話になって、爆弾が今でも掘り起こされるって話題で、あなたは? 「じゃが芋掘りに」って答えるときにも「じゃが芋掘り」ってテロップ。その、テロップ必要? と思う間もなくテロップの連打。「日本は今、平和である?」とか「テヅカオサムシ」とか、テロップの嵐で、はてなの嵐。

この映画は、長岡大空襲と中越大地震と東日本大震災が重ねられるのだけど、過去回想とか、切り替えて共通部分を観客に示すとか、そういう迂遠な表現は使わず。マジックリアリズムというか、じいさんリアリズムで、ともかく渾然一体に。
戦争で死んだ人が、現在のシーンに、幽霊でも暗喩でもなく、説明抜きに出てくる。

で、花という名の少女は、一輪車で少年(福島の南相馬から避難してきたという設定)とぶつかるという斬新なボーイミーツガールで、胸キュンな会話をするのだけど、一輪車乗ってるので、ゆらゆらしたりくるくるしたり落ち着かない。
旗もって一輪車に乗って通り過ぎる少女。校舎の屋上でくるくるくるくる回る少女。

f0102471_22134185.jpg


クライマックスは、花が脚本を描いた戦争の舞台と、戦争で赤ん坊を亡くした母親の紙芝居と、長岡の花火がシンクロ。
舞台に、山下清(たまだよ、塚地じゃなくて)や、戦死した少年が、舞台で演じている何かではなく紛れ込むけど、もうこれぐらいでは驚かない。爆弾が落ちて、ギザギザの漫画みたいな爆発がCGで描かれるのも、それが何なのか(舞台の演出なのか、幻影なのか、ただCG使いたかったのか)を判断する必要もなく、ただ画面がものすごいことになってるなーと感嘆しながら眺めるのです。

どーーーーん!

花火!

山下清が太鼓を叩く(たまだよ、塚地じゃなくて)

どーーーーん!

母親の顔アップ、涙。「花ーーっ」

どーーーーん!

一輪車で通り過ぎて、

どーーーーん!

坂田明が、何の説明もなく登場してサックスを吹く。

花火を背景にサックスを吹く横顔はかっこいいけど、どうして出てきたのか、わからないので、笑ってしまいそうにるけど我慢。

どーーーーん!

舞台で演じている少年少女たちの顔がぱわわーんって出てくる。

どーーーーん!

軍帽をかぶった付けヒゲ少女の顔、キラキラとした表情でアップ!

どーーーーん!

感動的なシーンだと思うのだけど、付け髭に軍帽の少女(萌える)。

どーーーーん!

山下清、坂田明、他にもいろんな人が楽器を演奏はじめて、ぷっぱかぷーぷー踊り出して、

どーーーーん!

と思ったら、母親のモデルになった人(テロップで説明してくれるので分かる)が出てきて、「戦争はいけん」みたいなこと喋って、虚実も突き破っちゃったなー、

どーーーーん!

戦争で死んだ少女と生き残った母とモデルになった人と伝説の花火師と放浪の画家と先生と、あの人だれ?

どーーーーん!

「俺たちの雑学にも筋道が必要だ、それは祈りと願いだよ」 なんか、決め台詞っぽく喋ったけど、どう受け止めていいかわからないよ。

どーーーーん!

日本は今、平和である?

どーーーーん!

痛い! この雨が痛い!

どーーーーん!

「大団円」(ってテロップで出る)

どーーーーん!

ENDMARKはつけないのです、未来へ!

どーーーーん!

酢飯たべたくなってきたのです、あおいで!

どーーーーん!

花火バックの付けヒゲ少女の顔、ポストカードほしいなー

どーーーーん!

「この空の花」は、正直、ワンダーすぎて、この紹介文も、だいぶワンダーになってる気がする。

圧倒的な夢幻を観たような気がして、本当にこんな映画だったのか、もう自分自身も信じられない(予告編観ると、でも、本当だった気もする)。

想像力の大切さが語られ、ほんと、観てる側の想像力というか、夢パワーというか、もしかしたら、途中で寝てたのかもしれない、という気がしてきたので、オススメはしません!

 だが、観よ! 
考えるな、観て、ワンダーせよ!

(米光一成)米光さん最高です!!!!!

松雪さんより
新潟日報記者役の原田夏希さんの
演技が最高!
そして
高嶋の体型が嫌い
しかも
3時間で年寄りは
キツイ!途中トイレ多し!


しゅうままの感想は上記3つ(^^;

でもね、涙出っぱなしだったのよ

隣の席のヒトは信じられなかったかもね
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-05-15 22:24 | ├ cinema【か】 | Trackback | Comments(4)
「レ」「ラ」のない琉球音階。「ハイサイおじさん」が志村のへんなおじさんの元歌と最近気づく
f0102471_0521565.jpg


2003年の旅で沖縄県庁前野外ステージにて

生喜納昌吉LIVEを。


両手を頭上に掲げて左右に振り、足も踏み鳴らす踊りカチャーシーで我を忘れる体験をした

しかしだ


最近なんだよ、志村の歌う「へんなおじさん」が

この歌が元歌だと気づいたのは…
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-01-10 00:40 | ├ cinema【か】 | Trackback | Comments(2)
Gattaca (1997)
10年越しでようやくこの映画を観た

ガタカ

イーサン・ホークが観たかった
f0102471_16154717.jpg


ユマ・サーマンが観たかった
f0102471_16153097.jpg


あえてこの映画の内容を知らないようにしてきたから

この人が出てきて凄く嬉しかった
f0102471_16164267.jpg


美しき男、ジュード・ロウ

さらにセプテンバーイレブンの最後のストーリーのこのおじさん
f0102471_16172127.jpg

この人見てるだけで泣ける

遺伝子操作する近未来設定の10年前から

だいぶ近い時代になっているんだと思うけど

この映画は見るべきだ、SF映画の括りにして欲しくないよ

[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2011-10-11 16:19 | ├ cinema【か】 | Trackback | Comments(0)
| ページトップ |