Top

Stia tranquillo,tutto andra bene.安心して。全てがうまくいくよ。やはりBlogはアーカイブとして残るから(・∀・)イイネ!!
by Oo..oO
最新のコメント
☆らゆ。あけましておめで..
by zucchini0315 at 14:08
最近虫歯が減って(特に子..
by らゆ at 08:26
☆yukiちゃん。ありが..
by zucchini0315 at 12:56
とてもよいものを読ませて..
by yuki8055 at 08:44
☆moha先生。日本にも..
by zucchini0315 at 20:01
モスクは今だ入ったことが..
by mohariza12 at 19:01
ぎゃサカナクションもいた..
by zucchini0315 at 10:51
> mohariza12..
by zucchini0315 at 20:45
(NHKの去年の大河ドラ..
by mohariza12 at 19:37
エキストラ!カイロでイタ..
by zucchini0315 at 09:36
友達がエキストラで出た時..
by らゆ at 02:18
せやろー;^_^Aこの足..
by zucchini0315 at 16:18
らゆお久!暑いな!神戸ロ..
by zucchini0315 at 16:17
何か・・・しみじみする1..
by らゆ at 16:16
これ見たいねん。宮沢りえ..
by らゆ at 16:11
タグ
(233)
(186)
(128)
(101)
(53)
(49)
(39)
(33)
(26)
(21)
(18)
(17)
(15)
(15)
(9)
(7)
(7)
(7)
(6)
(4)
カテゴリ
全体
★profile★
★コドモの成長★
├ 0歳2005-06
├ 1歳保育園2006-07
├ 2歳保育園2007-08
├ 3歳年少_2008-09
├ 4歳年中_2009-10
├ 5歳年長_2010-11
├ 6歳小1_2011-12
├ スポチャン2009-2011
├ 7歳小2_2012-13
├ 8歳小3_2013-14
├ 9歳小4_2014-15
├10歳小5_2015-16
★characterキャラクター
★surprise/wonder
├ DQN愚名シリーズ
├ 激似シリーズ
★地元
├ 大地の芸術祭/水と土の
★あの旅、とか
├ TOKYO_10years
├ OSAKA_8years
├ 沖縄病
├ 沖縄2010冬
├ 香港2010夏
├ 鎌倉2010秋
├ BALI2012夏
├ 鳥取砂丘2013夏
├ 関西USJ冬2014
├ 粟島笹川流れ2014夏
├ LONDON2014-2015
├ 北海道2015夏
★DESIGN&ART★
├ apple mac iPhone
├ languagesコトバ
├ コイン紙幣切手
├ バイクとクルマ
★当選と頂き物★
★cinema関連★
├ cinema【あ】
├ cinema【か】
├ cinema【さ】
├ cinema【た】
├ cinema【な】
├ cinema【は】
├ cinema【ま】
├ cinema【や】
├ cinema【ら】
├ cinema【わ】
★music関連★
├ music【あ】
├ music【か】
├ music【さ】
├ music【た】
├ music【な】
├ music【は】
├ music【ま】
├ music【や】
├ music【ら】
├ music【わ】
★books★
├ books【for kids】
├ books【予定】
★FAVORITESヒト
├ 野口英世
├ しりあがり寿
★FAVORITESモノ
├ fragrance
├ shoes&bags
★eco & the earth
├ この人らを見て頑張れる
├ 健康なカラダ
├ 大腸ポリテクトミー2007
├ 腎盂腎炎2012
├ 虐待・毒親・家族
├ たべるのむ
Negiccoとかアイドルとか
未分類
ライフログ
blog_parts
最新のトラックバック
以前の記事
2018年 12月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 03月
2017年 02月
2016年 11月
2016年 06月
2016年 05月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
"peppermint-swirl" Skin by
Animal Skin
カテゴリ:├ 虐待・毒親・家族( 10 )
Top▲ |
家族のカタチby室井佑月
f0102471_11120401.jpg


室井佑月みたいなこと

ちょっと考えてた

昨日の朝日新聞beより
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2015-08-30 11:10 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(0)
長女あるある
f0102471_20303826.jpg

[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2013-02-11 20:30 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(0)
可哀想な人
自分がどれだけ辛い思いをしてきたかを声高に叫び、弱者を思いやれない人は、可哀想な人。

辛い思いをしたからこそ自分より大変な人に気持ちが行くはずだ。

特に親であるならば。理想論でしょうか


あんたは入院出来てイイねだとさ

ビックリしたわ
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-04-09 22:02 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(6)
総理大臣から祖母百歳記念
f0102471_15382088.jpg


神々しい姿です

ベンジャミン・バトンかヨーダみたいな

おばあちゃん
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2012-03-13 15:36 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(2)
虐待を訴えられない訳がある、と投稿した女性は…
最近また虐待で亡くなる子ども達のニュースを

耳にするようになってきてませんか?


f0102471_2333584.jpg


先月の朝日新聞の「声」投稿

まさかと思って自分のブログを遡る

今年3月にUPした女性だった

彼女なりに訴え続け、自分自身にも

言い聞かせているようだ。



もしかして小中学一緒だった

まり子さんじゃないか、と気になる。


結婚して名字が変わっているだろうし



彼女は中学卒業後、埼玉辺りに就職で

この地を去った

校区内の施設で暮らしていた子だったんだ

彼女を含め、そこに暮らす子たちの事を

考えた事もなかったし、接触があまり

なかったんだけど
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2011-11-29 23:23 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(0)
虐待に負けない社会作ろう。朝日新聞「声」。41歳女性
f0102471_19493927.jpg

ちゃぶ台の上にお金の入った封筒

育児放棄された投稿の女性は同い年(2010)

近所に恵まれた彼女は

人のせいにする人生なんてつまらないと。


胸がつまる
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2011-03-10 04:43 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(5)
Yahoo!知恵袋で気になる質問者さんを見つけてしまい

こちらをご覧下さい

シングルマザーの方です

9/28日に質問をされていました

子供が叩こうとする母親から自分を守ろうとして、トレイをかざしたところ

母親がたたき割り、子供さん(保育園児)の顔にアザができてしまったそうです

バレないように保育園を休ませ、2日間は「ひとりで」お留守番をさせたそうです

私が最初たまたま質問を見たときは「これは虐待でしょうか?」と締めくくっておられ

そのかたのプロフィール欄に行くと

最初の、質問から、もう一週間経っていますが、

「アザを消すにはどうしたらいいですか」だとか

「一週間も保育園を休ませたら怪しまれますか」といった質問を何件かされています


ご本人も反省されているようですが、かなり心配です

ハンドルネームがnagoya32508なので、名古屋の方か?


どこかのアパートで、母親に口止めされて毎日お留守番をしている子供が

確実にいます…居ても立ってもいられずです


これをミクシのそれ関連のコミュニティでトピックを立ち上げています

いろんな方が協力してくださったりアドバイスを下さったり


良い方向に向かうと良いな

「釣り」でないことを祈ります(悪質なヒトもいるからな


[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2010-10-06 16:10 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(2)
オネエチャンは死んで骨になっちゃったの
同じクラスのカリンちゃん

いつもだいたい同じ時間に登園していたんだけど

春先から秋にかけてめっきり会わなかったんです


先月の運動会で久々ママに会って


ママはすごく気さくで、なんとなく昔から友達だった風な懐かしさを勝手に感じていまして

わりと近所なので小学校でもご一緒かと嬉しく思う方でした


しばらく見かけなかったけど、どうしていたのと尋ねたら

長女が病気でさ〜と。それ以上は聞かなかったんだけど。


カリンちゃんにはお姉ちゃん(小3)とお兄ちゃん(小2)がいます





今朝、保育園に送って行った際

カリンちゃんと、やはりお姉ちゃんが3人もいる多姉妹の末っ子ミナコちゃんが

一緒におたより帳にシールを貼りながら、なんかガールズトーク


お家ではお手伝いをしているんだとか、歯磨きは一人で出来るよだとか


しゅうままが

「カリンちゃんもミナコちゃんもお姉ちゃんお兄ちゃんがいるから大人だねえ、えらいねえ」

と話したら


カリンちゃんが

「オネエチャンね、死んで骨になっちゃったの

でもね毎日チンチン(仏壇に参ることだと思う)してるから」

あっけらかんと5歳児は話す




…運動会から約ひと月…本当なの?



親の気持ち、いろいろなこと考えて通勤のクルマの中で凄く切なくなった



うまく表現できませんが


やはり「生きている」ってことは奇跡なんだろうということ

幼い子供を亡くす、という想像の出来ない闇

だけど他の弟、妹は生きているということ…
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2009-10-16 09:25 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(2)
「母は語るべし」なだいなだ(母を親に変換した方がいいかもね)
f0102471_013224.gif精神科医で作家の

なだいなだ氏が寄せた「ないおん」コラム



なだ氏といえば

スペイン語で「nada y nada(虚無)」から

来ているペンネームで有名







「おまえはねえ、私が家に戻ってくると嬉しがってねえ、

柱の周りをくるくる回ったり、押し入れに入ったり

なかなか広げた腕の中に飛び込んでこなかったのよ」

助産師で忙しかったお母さまは思い出してはそんな話をしたそうだ。


本当の記憶じゃなく、母が語ってくれた話から作られた記憶。

大きくなってから、子どもの頃の自分の話を聞かされるのは気恥ずかしい。

だが、それは自分が親から愛されているんだなあという、

自信のようなものになるんではないかと氏は語る。


悪い事をして叱られた記憶は、親の口から聞かずとも思い出せる。

しかし、自分がかわいい子で、親に愛されていた、と言う記憶は

ほんわかとした気分としては感じられるが

「自分は親に愛されていなかったのではないか」

という思春期の疑いが頭をもたげて来た時、あまり力にならない。


愛されていたと言う確信がないと、思春期の親子のギスギスとした関係を作るのではないか。


だから世の中のお母さんたちに勧める。

「あなたはねえ、子どもの時こんな子だったのよ」

子どもは照れるだろう。兄弟が何人もいればなおさら。


最近は教育熱心な母親が増えたけれど、小さいときの話をしてくれる親が減ったように思う。

それが怒りっぽい、自信のない、傷つきやすい子どもを作りだすのではないか。


愛されたと言う自信は、自分が親になった時に、自分の子どもに優しく接する力になる


小さい子どもは可愛い

だが自分がそんなに可愛かった事など覚えていない

それを作ってやるのは親の仕事だ


他にも色々仕事はあるが、最近になってそれが重要な事の一つではないかと

氏は思うようになって来たらしい
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2009-02-03 00:06 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(2)
「子育ての着地点」玉岡かおる
亡くなった祖父の月命日にお経を読みにくるお寺さんが置いて行ってくださるフリーペーパー「ないおん」

漢字は「泥(ない)ツ(←さんずい)+亘」と書き、意味はニルヴァーナ(=涅槃ねはん)

心に喜びを感じて行く世界、幸せと幸せとを受けとめていく世界なのです、とある。

08年10月号が印象に残っているのでここにメモします

f0102471_2242739.jpgあのブロードキャスターでお目にかかる玉岡かおるさんのエッセイです


 子どもを育てる時代は、日々、目の前の事に一生懸命。近視眼的に我が子の今しか見ないでいるのもしかたがない。でも時折、自分がどこを目指して走っているのか、わが子をどういう大人に育て上げたいか、遠大な視野で眺めてみるのは大切だ。そもそも子育ての終着点がどこか、ぐらいは見ていたい。

(1)成人する日。
(2)教育など、その子にお金を払わずに済むようになる時。
(3)親元を離れ自立して生活が出来るようになる頃。
…さて、終着点は?

 飢饉など食糧難が慢性的で医学も未熟だった時代には、(1)のように暦年齢が二十を数えるだけでもたいした子育てだったし、(2)のように、子に教育をつけ一人前に育て上げれば立派な親だと褒められもした。逆に、子は時機が来たら家族のために働かざるを得ず、(3)の自立はいやでも訪れた。
 ところが経済大国として文化や技術を十分に享受できる現代では、(1)も(2)もたいして難しい事ではなくなり、むしろ困難なのは(3)と言われる。
 成人し学校も卒業したのに、定職に就かないニートの問題。また、就職しても長続きせず簡単に辞めてしまう問題。これらはどんな大人として自立するかビジョンが描けなかった結果と言われるが、親が子育ての着地点を定めていなかった事の影響もあるだろう。

中略

 明治/大正の若者たちは皆、親が自分を育て上げた着地点を心得ていた。それは、誰かのため、たとえば店のため国のために働く人間たれという、とても大きな志だった。親子が一体となってその着地点を見ていたから、子が親の手から離れても同じ目標を追い、一生、自分自身を育てていく事が出来たのだ。

 時代が違う、と言われればそれまでだが、案外、歴史は多くを教えてくれる。

中略

 何千万と言う無名の親たちの、心を尽くした子育てがささえ,なし遂げた奇跡であった。…


はい、近視眼的にしか見ていません。玉岡さん、このサインはf0102471_22421718.jpg
[PR]
Top▲ | by zucchini0315 | 2009-01-01 23:07 | ├ 虐待・毒親・家族 | Trackback | Comments(0)
| ページトップ |